ブログ、サイトを作っても稼げない3つの理由

いつも、応援クリック有難うございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今日は、現役パチプロ清志です。
今回も質問に答えていきます。

【質問】

いつも楽しく動画講義を拝見しております。

先生の講座を知ったキッカケがユーチューブですが、
どのような方法で上位検索で表示されるようにしたのでしょうか?

私自身、ネットショップを運営しているのですが、検索に大苦戦しています。
上位検索方法を教えて頂けないかと思い、問い合わせ致しました。

お時間ある時に返事を頂けたらうれしいです。
これからも動画解説楽しみにしています。
宜しくお願い致します。

【回答】

これ、分からない人もいるかもしれないんで、
少し補足しようと思うんですけど、

ネットショップということで、
どういうものか分からないんですけど、

サイトで例えば、アフィリエイトでもいいですし、
ドロップシッピングとか、自社商品でもいいんですね。

それを売りたいということですよね。

しかし、上位表示が出来ないというのは
どういう事かと言うと、

例えば、「ルイヴィトン」で検索された時に上位にいれば、
アクセスが上がりますよね。

で、アクセスが上がるから売上が上がると。

だから、今、そう考えていて、
上位表示を目指したいということですよね。

上位表示するためにどうすればいいか?
ということなんですけど、

これはいろいろあって、
まず上位表示させる方法というより、

基本的に、あなたの商品が
買いやすいものなのか?
トレンドに乗ってるものなのか?
他社商品と比べて、何か強みがあるのか?
というところですよね。

ネットの場合だと、同じ商品があれば、
一番安いところで買いますよね?

もしかしたら「送料無料」なのかもしれないんで、
そういうところで他社をちゃんと見るということですよね。

他社を見て、負けているとか、
勝てる部分が無いということだと、まず売上は上がらないですよね。

これはネットの怖いところで
一番のところがボーンと伸びちゃうんですよね。

リアルの場合で言うと、近所の店を考えてみてください。
例えば、近所に美味しい店が無いけど、
そこそこのラーメン屋があったとします。

そうすると、お腹が空いたら
とりあえずということで、そこに入っちゃうんですよね。
多少上手い店があっても、なかなか10キロ先とか行かないんですよね。

リアルだと商圏がある程度決まってますよね。

ちょっと面倒くさいから近くのお店で買っちゃうと。
これを極めたのが、コンビニだったりするんですよね。

コンビニって、商品の値段が高い訳じゃないですか?
定価で売ってますよね。

なぜ売れているのかということなんですけど、
結局、24時間開いているからとか、
売れ筋の商品がきっちり揃っているからとか、
そういう事ですよね?

便利を売っているんですね。

この便利という付加価値を売ってるから、
結局、値段がある程度高くても購入するという人が
多いんですよね。

スーパーとかのほうが安いんですけど、
コンビニに行ってしまうと。

まあ、僕もそうなんですけどね。

だから、あなたの商品が悪いということがあるかもしれませんし、
その商品のレターが悪いということもあるんですよね。

レターで例えば、あなたが商品の強みとか、
商品のここが特徴ということをしっかり伝えてないと、
結局アクセスが集まろうが何しようがザルになってくるんですね。

儲けの基本方式が、まず集客ですよね。

これはSEOでもいいです。
上位表示させればアクセスが集まると。

次が成約率なんですよね。

この成約率というところで商品構成とか、キャッチフレーズとか、
そこら辺を初めて見た人がすぐ買いたいと思える
ページになっていない可能性が高いんじゃないかなと。

例えば、決済ページがなかなか見当たらないとか
いったらどんどん成約率は下がっていきますからね。

そして、顧客単価。

売上はこの集客×成約率×顧客単価の
三つで成り立つんですよね。

だから、あなたの場合、もしかしたら成約でやられている可能性も
あるということなんですよね。

で、今、知りたいのが上位表示ということなんですけど、
上位表示のパターンもいっぱいあるんですよね。

検索での上位表示なら一般的にSEOという技術なんですよね。

これも結局、グーグルが握っているというか、
今、検索ではグーグルとヤフーがほとんど一緒ということで、
そのグーグルの今現状の考えというのは、

キーワードを打ち込んで検索された時に
その答えがサイトにあるというところを求めているんですよね。

そういうサイトを上位表示するというのが原則なんです。

もちろんテクニック的な事で言うと、
被リンクとか、バックリンクなどがありますね。

もちろん、ユーザーの為になる情報を書くというのは王道で
これが一番なんですけどね。

被リンクというのは、一方的なリンクを貰うということですね。
同じジャンルからの片思いが多ければ多いほど、
グーグルからは評価されて、上位表示されやすいということですね。

有料でのカテゴリー登録とかいうのもあるのかなと思います。

ただ、こういうのをあまりし過ぎちゃうとグーグルは嫌うんで、
逆に順位が落ちてしまうこともあるんですよね。

SEOの形っていっぱいあるんですけど、
結局、グーグルは検索したユーザーにとって
役に立つ答えがあるサイトを上に上げるということですよね。

テクニック的な事で言えば、
古いドメインのほうが強いということがあるんで
オールドドメインとか使う方法もあるんですけど、

あまり過剰にし過ぎちゃうと
逆にスパム食らってしまうこともあるんで、
ここが難しいところなんですよね。

SEOはですね。

一番のポイントは、あなたの商品が魅力的で
ちゃんと商品説明が出来てるかというところだと思います。

後はライバルチェックということですね。

ライバルよりしっかりとしたサイトを作れば、
上位表示される可能性は高いんですよね。

ただ、上位表示されなくても問題ないということですね。

なぜなら、先ほども言ったように
売上=アクセス数×成約率×顧客単価なんで、
このどれかを上げていけば問題ないということになってきますよね。

その為にも、しっかりとライバルチェックも
していくということですね。

清志塾ではそういうリサーチの方法とかも教えているんで、
良かったら参考にしてほしいなあと思います。

インターネットなら、どういうキーワードを狙っているとか、
しっかり調べるとライバルサイトが全部丸裸になるんですよね。

だから、ライバル以上のサイトにすれば、
基本的には勝てるということにはなってきますね。

もしかしたら、市場を選ばずに自分の商品に惚れて
ネットショップを作ってしまったということも考えられるんで、
これからは商品というより、ライバルチェックから入っていくのが
お勧めかなと思いますね。

あとは、トレンドに乗ってないということもあるのかなと。

商品が分からないですけど、
例えば、放射能の測定器がありますよね。

これが地震の時にはかなり売れたんですけど、
今はちょっと落ち込み気味ですよね。

これは時代のニーズとかにもよってきますよね。

最近だと、エコもちょっと落ち込んできたかなとは思いますね。
ブームが来た時に、エコでどういう風に儲けるかというのを
考えていくということですね。

上位表示出来ないというのも、
ライバルが強いところで上位表示しようとすると
絶対勝てないですよね。

検索数がかなり多いメインキーワードということだと
僕なら例えば、「宅建」とか、
もしくは「パチンコ」だったり、「パチスロ」ですよね。

でっかいキーワードで「パチンコ」なら900万サイトくらいあって、
月間100万アクセスあるんですけど、

結局、上位10番とかには入れないですよね。
ほとんどが入れないと。

やっぱり、そういうキーワードでは
企業サイトとか多くなるからなんです。
そういうキーワードは、そもそも狙わないということなんです。

だから、あなたは自分の商品を買ってくれる人の気持ちを
しっかり理解して、そういう人たちがどういうキーワードで探しているのか?
ということをしっかり考えないといけないんですね。

お客さんの気持ちをしっかりと考えないと、
結局、売上は上がらないということです。

ここでどうするかというと、
例えば、複合ワードですよね。

「パチンコ」だけより、「パチンコ 攻略」という
キーワードのほうが絶対ライバルは少ないですよね。

そこでライバルを見ていって
そのライバルより上に行くようにすれば
いずれ勝てる可能性は高いということですよね。

ただ、さっきも言いましたが、
アクセス数が少なくても問題ないということですよね。

結局、成約率が高ければ、先ほどの式には
全然当てはまってくるんで、成約率を絞り込んで、
売上をあげるという方法もあるんですよね。

そういうワードをしっかり理解するということが、
重要なのかなと思います。

例えば、あなたがダイエット商品を売りたいということなら、
「ダイエット」で一番になったとしても駄目というか、

「ダイエット」で検索してきてる人が
ダイエットの何を探しているのか分からないんですよね。

ダイエットのレシピを探しているかもしれないですし、
足痩せダイエットを探しているかもしれないですし、
ダイエットについて文献を書こうと思っている人も
いるかもしれないですし、いろいろな人がいるんですよね。

アクセスが緩いんで、なかなか購入にまで至らないんです。
あなたはネットショップを運営してるんで、
購入に至るワードのほうがいい訳じゃないですか?

例えば、あなたがネットショップで
モノを買う時にどういう風に調べていくのかと
いうことを考えてください。

「ダイエット」で言えば、
「ダイエット 効果」とか、「ダイエット 口コミ」とか、
そこら辺だとライバルもまだでかいんですよね。

でかいワードで、ライバルもでかい。
しかも絞り込まれていないワードですよね。

これの次くらいで、中規模なのが
「○○○ 評判」とか、「○○○ 口コミ」に
なってくるんですよね。

まだ、これでも購入に至るようなワードではないですよね?

○○○は商品名とか、ルイヴィトンなら型番かもしれないですし、
「○○○ 激安」とか、「○○○ 送料無料」とかあるとするなら、

やっぱり激安とか、商品の型番まで調べてる人は
買う気満々じゃないですか?

そこはライバルも少ないですよね。

こういうところに向けて売っていくということが、
いいのかなと思いますね。

結局、SEOで上位表示されたからといって、
アクセスが多いからといって、売上が上がる訳じゃないんですよね。

僕のパチンコ、パチスロのブログでも、
僕よりアクセスのある人って五万といるんですよね。
めちゃくちゃいますからね。

僕の十倍、二十倍のアクセスがある人もいるんですよね。

ただ、僕のほうが売上を上げているとか
いうこともあるんですよね。

これは顧客単価と成約率が違っていて、
僕の場合、絞り込んでいるんで売上が多いということなんですよね。

アクセス数が全てでは無いということですよね。

上手い人になると、大体30アクセスで利益30万とか
稼いでいたりするんですよ。

一番凄い人だと、最後の1日に2000アクセスで5億6千万とか。
こんな方もいるんですよね。

そういう感じで、キーワード選定ということも、
しっかり理解しておくということですね。

で、そのキーワードが分かったとします。
例えば、「ビリーズブートキャンプ 通販」とか、
「ビリーズブートキャンプ 口コミ」、
「ビリーズブートキャンプ 送料無料」、
「ビリーズブートキャンプ 並行輸入」とか

そのワードが儲かると分かっちゃったと。

しかし、これをSEOで上位表示するのって時間がかかりますし、
これはデメリットなんですね。

6ヶ月とか待って、絶対検索順位が上がるのかというのも、
不確定要素じゃないですか。

グーグル次第なんですよね。

それなら、時間を買えばいいんですよね。
こういう考え方も出来るんです。

例えば、PPC広告といって、
検索した時に上とか横に広告が出ていますよね。
アレを買っちゃうということなんですよね。

例えば、1クリックあたり100円を払って
100クリックされたと。

そして購入率が1%ということだと
1万円の商品でチャラということになってくるんですよね。

ここで、クリック単価を下げるとか、
もしくは購入率を上げる、
もしくは1万円の商品単価を上げちゃう、

もしくは、もう1万円でチャラにして、そこからメールアドレスの
リストが集まるんで、そのバックエンドとか、継続課金とか、
あとはリピート商売ですよね。

今度はタダで集客出来るということになってきますよね。

こういう感じでPPCとか、広告を打つということが
基本的な戦略にはなってくるのかなと。

こっちのほうが早いんですよね。
儲かると分かっているワードなんで、
すぐ出せる訳じゃないですか?

もう1日もかからないですし、テストも出来ますよね。

何パーセントくらいの購入率なのか、
どれくらい去っていったのか、
全部分かるんですよね。

そういう風にすれば時間が買えるんですよね。
時間を買って駄目なら、サクッと諦めればいい話じゃないですか?

それでSEOとか考えても無駄になってきますよね。
上げたとしても、儲からないワードですからね。

もちろん、広告費とか0円なんで、
多少儲かるのかもしれないですけど、
費用対効果は悪いですよね。

一発目はPPC広告を出していくというのが、
いいのかなと思います。

これは、業界によっては駄目なパターンもあるんですけどね。

基本的に、パチンコというのは駄目なんですね。
情報系を売るとかいうのはちょっと難しいかなと思いますね。

売ってる方もいますけどね。

ネットショップということだったら、
基本的には大丈夫ということですね。

だから、買うという選択肢もアリなんですよね。

PPC広告以外にも
You Tubeの動画に広告出すとか、
アドセンスで広告出すとか、

あとは、ブロガーさんとか、サイトの人に頼んで
バナー広告を出させてもらうとかいうことも可能なんですよね。

もうちょっと言うと、ヤフオクとかイーベーで少し安く売って、
そこでメルアド取って、あとから儲けちゃうとかいう方法もありますし、

自社販売なら、アフィリエイト登録というのをしてもらって、
売ってくれたら何割差し上げるとかいうことも出来ちゃうんですよね。

だから、総合的に考えないといけない
ということなんです。

SEOしたから、上位になったから上手くいくってこともないですし、
商品がザルだったら駄目ですし、最終的には、もう儲けれない形
なのかもしれないですよね。

そこをいろんな形でテストしていくということなんですよね。

広告の形もいっぱいありますし、
もうちょっと言うなら、日本で売れなくても、
外国で売れるというパターンもあるということですよね。

あなたのネットショップがどういうものか分かりませんが、
様々な売り方というのが存在するんで、
これを1個1個試してみてもいいのかなと思いますね。

ネットショップであれば、
最初は広告を出すのが王道ではありますけどね。
一番損しないんで。

値段でも決めれるんですよね。
5万円までとか。10万円までとか。

10万円を払って広告打って、それで駄目ならサクッと切るか、
もしくはそこで入れ替えていけるんで
一番合理的になってくるんですよね。

PPCで元が取れないワードは全部切っていって
元が取れちゃったワードの中でいけそうなワードだけに
特化すれば、これは儲かる訳じゃないですか。

で、あとからSEOを考えていくという感じですよね。

そういう総合的な知識が無いと、
サイトを作ったからといって
上手くいくという訳じゃないですよね。

よくよく考えたらそうなんですけどね。

大体、ホームページ業者は「上手くいく」とか
言ってるんですけど、

それならホームページ業者が自分で作ってますよね?
いっぱい作れる訳ですからね。

結局、ホームページ作るということは、
ただ、「中華麺始めました」みたいな感じなんですよね。

とりあえず店を持っちゃうぐらいな話なんで、
あとの集客というのは自分でしっかり考えないと
いけないということですよね。

もうちょっと言うと、
ネットショップなら、大体メルアドを取ってる方が多いですね。

メルアド持ってて、そこで対増益というか、
蓄積されてきますよね。

メルアドで蓄積されていきますし、
1対1と1対10000は変わらないですからね。

そういう風にどんどん積み上げていくという方式ですね。

あと、ネットショップをいっぱい持って
やってるという方も多いかなとは思いますけどね。

今回お伝えしたような点で
幅広く考えてやっていくことが大切ですね。

ネットビジネスでゴールドラッシュを体感するなら、こちら

★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

2つとも、押してもらえると感動します。



にほんブログ村 パチンコブログへ

にほんブログ村

パチンコ・パチスロについて質問・ご意見は、

fyymr234@gmail.com

までお願いします。

僕のメルマガでは、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を
不定期で配信しています。

↓よろしければ、チェックしてみてください。 
(登録は、パソコンと携帯。どちらでも可能です)

メールマガジン 

パチプロ清志の裏メルマガ登録は、こちらです。

注意)メルマガに登録すると、3分以内に自動返信メール
が届きます。メールが届かない場合は、メルマガが登録されてません

只今、携帯とヤフーメールが届きにくいです。(携帯は、7割届きません)
パソコンのメールならGメールがお薦めです。

※携帯でのご登録の前に
メール拒否設定をしている方は、admin@skamo.net
をコピして受信設定をお願いします。

それでは、また更新します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ