パチンコの釘読みを覚える前に、やること3つのチェックリスト

勝ちたいんや!(#`Д´)ノ

応援クリックお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

今日は、現役パチプロ清志です。
今回も質問に答えていきます。

【質問】
初めまして。とにかく釘読みができません。
とにかく、釘の変化(縦の比較)が分かりません。

店によっても触る釘は違うと思います。
何か、アドバイス貰えたら嬉しいです。

【回答】
釘読みの話ですね。
縦の比較というのも、横の比較というのも
初めて聞く方は、分からないと思うので、
一応説明しますね。

横の比較というのは、例えば、銭型平次が
横10台とか並んでいるとするじゃないですか。
A台、B台、C台・・・と。

それを、A,B,C・・・と一台、一台見て
釘を比較することを横の比較といいます。

で、縦の比較というのは、前日とか、1ヶ月前のイベントとか、
そういった過去との比較ですね。

例えば、A台について、1日前とか、2日前の釘と
現在の釘とを比較することですね。

この「縦」とか「横」の比較は
田山さんがよく使っていた言葉ですね。

もう一度言うと、
横はその日のA台、B台、C台・・・の比較で
縦はそのA台について、1日前とか過去との比較ですね。

確かに縦の比較というのは
なかなか難しいんですけど、

釘読みというのは、基本的に優先順位だけ
つければいいと思うんですよね。

なんか「釘を読めません」とか言う人は
全部を全部見ようとしますし、完璧に読もうとするんですよね。

完璧に読める人なんて
この世にたぶん一人もいませんよ。

読めるパターンというのは、一回打った経験があって、
それとの縦の比較での計算ですよね。

1日目にA台は25回転あったと。
次の日、A台は釘が変わっていないと。

だから、25回と読めるんですよね。

だから、釘をきっちり読むことを期待しないほうがいい
というか、プロでもどれが正しいのかというのは
よく分からないこともあるし、試し打ちするしかない
ということもあったりします。

基本的に優先順位をつけたほうがいいと
思うんですよね。釘を読むために。

全部、欲張ってしまうから、見えないと
いうことになってしまうので、基本的には
ヘソだけに注目しても問題ないのかなと思います。

なんでヘソなのかというと、
ヘソ以外、触ることが少ないからなんです。

よくよく考えたら分かるんですけど、
ヘソを閉めましたと。しかし、道釘だったり、ワープを開けましたと。
そういうお店って結構少ないんですよね。

もしそうな感じだと、店長さんも
分からなくなるんですよね。閉めたのか、開けたのか。
だから、回転数の管理が難しくなってくるんですよ。

だから、原則、ヘソ以外あまりしないと。
もしした場合は基本的に戻らないと
思ったほうがいいです。

だから、ヘソだけに注目してほしいなと思います。
もう覚えられないなら、注目する点はヘソのみですね。

ヘソサイズがこのサイズで足りるのか?
ということだけをチェックすれば問題ないのかなと思います

で、縦の比較とか、どうすればいいのか?
という話なんですが、

もしも僕なら、分からないなら、
例えば、写メール撮ればいい話なんですよね。

全部撮ってもいいです。ヘソでも、ワープでも、スルーでも、
撮りたいところ撮って、ヘソなら、斜め上とか、横とか、
三つの角度くらいで撮ったほうがいいんですね。
あと、撮るときに自分の定位置を決めることですね。

それで、例えば、当日の釘の大きさを1としたときに
次の日はどうなっているかで、
簡単に比較することが出来ますね。

閉まっているか、開いているかは
すぐ分かりますからね。

その他の釘も全部撮ってもいいんですけど、
あんまり動かさないと思います。

このように自分の記憶があいまいなら、
撮れば絶対分かるはずだし、
撮って数値化すればいい話なんで
僕ならそうさせますね。読めないなら・・・

僕自身も、そんなにめちゃくちゃ読めるという訳でも
ないんですよね。たぶん、一枚とかなら、たまにしくりますね。
二枚とか三枚とかならすぐに分かってきますけど。

写メール撮って、釘の大きさを3とか、4とか
自分で5段階くらいで数値化すればいいのでは
ないかなと思います。

感覚でするより、そっちのほうが
キッチリ出来るので、お勧めですね。

二つ目は、やっぱり台を購入することですね。
僕が覚えたのはこの方法です。

台を購入して、ゲージ棒といって
釘調整をする時に使う、金属棒の両端に
パチンコ玉が付いているような道具があるので、

それを使って、例えば、11.25ミリ~14.0ミリくらいまで、
ヘソ釘を打ってみて、それぞれ写真に撮ってみると。上からと
斜めからと縦からと。で、11.5なら、写真の後ろに11.5と書き込むと。

で、それぞれの大きさで撮った何枚かの写真を
シャッフルして、見て、何ミリかを当てる訳ですね。
後ろには正解が書いてあるので。これを繰り返します。

コレだけでもかなり変わってくるので、
まあ、お勧めかなと思います。

これすると、多少、2万とかかかるのかな?
かかるんですが、2万とかすぐに元は取れますからね。

それかホールで、写メール撮るか、
あと、もう何回も見ることです。
3000台とか4000台とか見れば、多少分かってくるんで。

ガチガチの等価交換とか、ボッタクリ店で見れば
もっと釘の比較が分かりやすいのかなと思います。
ヘソだけでもですね。

見れるところを先に見たほうがいいです。
一番重要度が高いのがヘソです。
横とかは後で見ればいいです。

横とかは、打ったことのない店なら、見ますけど、
打ったことのある店ならそんなに見ないですからね。

明らかな差じゃない限り、
そこまで影響度が無くは無いですけど、

釘師さんもそんなに風車とかそこら辺まで
いじらないですよね。

だって、面倒くさいというか、分かりづらいんですよね
風車開けて、コレ開けたら、どれくらいなのかってのは、
ちょっと釘師さんでも、予想出来ないんですよね。

だから、今調整ミスって少ないじゃないですか?
昔はよくあったんですけどね。

もうヘソ管理のほうが、ヘソ一枚開けたら、
2回転多く回るとか、結構データに出るので、
もうそういう調整のほうが多いですね。

もちろん、スルーとか大当たり出玉なんかは
閉まってきますね。

1回転に4個とか5個とか取ってしまうと
やはり閉めてきます。ここは結構閉まるんで、注意なんですけど、
原則閉まると、開放しないというか、もう開かないです。
もう無理だと思ったほうがいいですね。

だから、ヘソを中心に見るほうがラクかなと思います。
横はあまりいじらないですし、9割方ヘソなんで。

ヘソが3で足りていると分かっていたら、
4だったら当然、足りますよね、もっと開いているということで。
で、3だったらOKと。だったら2.5だとどうなのか?
という話ですよね。

そこで、3で3万円なら、2とか2.5だと2万円は
いくのかなという計算でやっています。

これが、縦の比較ですね。
横の比較はいろんなところを見たりするんですが、
基本的に縦の比較のほうが重要ですね。

ヘソサイズが足りないと、もう無理だということが
結構よくありますからね。

あとは、結局打ってみること
もしくは、後ろで見ることですね。

とくにスルーとか、大当たり中は
後ろで見たほうが全然早いんですよね。

釘が読めないなら、人のを見れば、
何発に1個入ったというのが分かりますから

左にスルーがあるなら、もうそのまま打ちながら
隣のを数えてますからね。そんな感じですね。

釘が読めないなら読めないで、
方法はいっぱいありますしね。
結局、後ろで見れば、大丈夫だと思います。

僕もめちゃくちゃ正確に読める訳でもないですけど、
そういう方法を繰り返して、それで、どんどん精度が
上がっていくという感じですかね。

ヘソサイズがコレだと絶対追いつかないとか
いうことが分かってきます。

ヘソが分かってくれば、今度は風車近くを見るとか、
重要度が機種によって違うので、それをどんどん覚えて、
広げていくということですね。

優先順位をつけることが一番かなと思います。
そうしないと、AもBもCもヘソも道釘も全部覚えて・・・
みたいな感じだと、結局、全部覚えられない訳ですし、
混乱しますからね。

基本的にヘソなんです。調整するパターンのほとんどが。
だから、ヘソだけはキッチリ覚えることが重要なかと。

さっき言ったように、台を買うか
写メール撮るとかで、ある程度は押さえてこれると。

写メール撮れば、開いてるか開いてないかというのは
客観的に分かる話ですから、そっからどんどん広げていくと。

とくに、スルー、大当たり出玉は人のを
見ますね。僕の場合。回転率でも人のを見ますからね。

不安なら、打っている途中に席を立って、
5000円くらい打ちこんだ時は、だいたい他の人も5000円くらい
打ち込んでますからね。

そのときの回転数をバーっと見て周って、割れば、
大体平均回転数が出てくるんですね。

もう分からないなら、人のを見ることですね。
釘が読めないから勝てないということではないんですよね。

読めたほうが正確ですけど、きっちり読める人はいないです。
初めて打つ台とかならとくに無理ですからね。

だから、読めないなら読めないなりの
方法をとるということですよね。

使う機種を特化するという方法もあります。
海なら海だけを打つということですね。
そういう風に、メイン機種に絞れば、そんなに難しくはないと思います。

難しい機種もあるのですが、
そこら辺は、僕もあんまり得意じゃないです。

だから、僕は重要度が高い機種と
ヘソを中心に見ますね。足りるか足りないかっていうのは。

それで、不安なら、後ろを見たりとか、
他人の大当たり中を見れば、全部計算出来ますからね。
大当たり出玉とスルーは。

大当たり出玉とスルーは、台ごとで、
ほとんど変わらないですし、もちろん良い、悪いとかは
あるんですが、A台はスルーは全然抜けるけど、
B台は全然抜けないということは少ないですからね。

差が少ないということですね。
特に大当たり出玉とスルーは。

そこを参考にして、後はそれで
打ってみるということですね。

それでも不安なら、もう右打ちから始めます。
50発とか125発打って、何個通るかで
いけるかどうか判断しますね。

釘が分からなくても、こういった感じで
やり方もいろいろありますし、
ここまで言えば大丈夫かなと思います。

釘は奥が深いと言えば、深いのですが、
100%じゃなくても全然問題ないんで、出来ることだけを
きっちり押さえていくということですね。

最低限ヘソサイズは押さえてと思います。

動画で解りやすくパチンコの釘調整を学べる教材は、こちらです。

★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

2つとも、押してもらえると感動します。



にほんブログ村 パチンコブログへ

にほんブログ村

パチンコ・パチスロについて質問・ご意見は、

fyymr234@gmail.com

までお願いします。

僕のメルマガでは、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を
不定期で配信しています。

↓よろしければ、チェックしてみてください。 
(登録は、パソコンと携帯。どちらでも可能です)

メールマガジン 

パチプロ清志の裏メルマガ登録は、こちらです。

注意)メルマガに登録すると、3分以内に自動返信メール
が届きます。メールが届かない場合は、メルマガが登録されてません

只今、携帯とヤフーメールが届きにくいです。(携帯は、7割届きません)
パソコンのメールならGメールがお薦めです。

※携帯でのご登録の前に
メール拒否設定をしている方は、admin@skamo.net
をコピして受信設定をお願いします。

それでは、また更新します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ