パチンコを夕方から(短時間)しか稼働出来ないサラリーマンは、どの様に立ち回ればいいの?

いつも、応援クリック有難うございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今日は、現役パチプロ清志です。
今回も質問に答えていきます。

【質問】

清志さん、昨日質問させていただいた「ぷちメタボ」です。
昨日は早々に回答の動画アップしていただきありがとうございました。

期待値計算でその日の勝負の決定するのではなく、
先ずは店選び、パチンコの釘読みを行い、よく回る台を見つけ打つことが大事、
その上でパチンコの期待値計算ツールを利用し途中経過、
最終結果を評価し記録することが大事だと解釈しましたが間違えありませんか?

間違っているようなら、またご指導お願いします。

なお、動画の中でプロでも打ち始め1〜2時間は不確定時間があり
稼動時間が長ければ確率は収束してくる。

パチンコ初心者が4時間程度しか打てない場合、
不確定時間を考えと厳しい状況だとありましたが、
その場合は長時間打てないのなら、どのように立ち回ればよいのでしょうか?

自分としては、リスクは高いものの3時間でも打っていきたいのですが・・・
それとも、短時間しか打てないのなら店選び等に徹するべきなのでしょうか?

お忙しいところ恐縮ですが、ご教授ねがいます。

【回答】

最初のほうの質問は
それで大丈夫ですね。

で、過去の動画を見てない方は見てほしいんですけど、
不確定要素時間の話をしたと思うんですよね。

不確定要素時間というのは何なのか?
というと、

例えば、パチンコをあなたが4時間打つ場合と、
12時間打つ場合で、これ3倍違う訳じゃないですか。

これが等価交換なら原則、4時間であろうが、
12時間であろうが1時間あたりの単価は変わらないんですよね。

しかし、リスクというのは高まるということなんですよね。
これが一つ目で、確率の収束ということですよね。

で、二つ目に不確定要素時間というのがあって、
基本的に釘を読んだとしても、店を選んだとしても、
パチンコの止め打ちが出来たとしても、

やっぱり最初の1,2時間というのは、
不安だったりする訳なんですよね。

まあ、パチプロになると上手くはなっていくんですけど、
パチプロでも多少はそうなんです。

見た感じと多少ズレちゃうということは、
よくある話なんですよね。
見た感じと1,2回転違うとかですね。

そこが不確定要素時間ということですよね。

例えば、この不確定要素時間が1時間とするなら
稼動4時間の中の1時間の不確定要素時間と
稼動12時間の中の1時間の不確定要素時間は
全然違うということになってきますよね?

だから、この二つの理由で
長時間打ったほうが良いということなんです。

この12時間の中の不確定要素の1時間というのは、
その1時間を越えると、ある程度出玉ラインとか、回転数とか
見えちゃうんで、パチンコの期待値は取りやすくはなってくるということですね。

で、そのまま1日座りぱっなしということですよね。

しかし、稼動4時間の場合は、
毎回、毎回、3回くらいは台を取らないといけないんで、

また釘を見たりとか、その台を把握するまでの
不確定要素時間がどんどん入ってきちゃうんで、
初心者には、結構難しいよという話を前回させて頂きました。

それに続く今回の質問で、
不確定要素時間は分かったけど、
会社員で3時間とか、4時間しかない時間で打っていく場合、
どうすればいいのか?ということなんですけど、

これは技術を上げるしか無いのかなと思いますね。

上手くなれば上手くなるほど、
その不確定要素時間というのは短くなってくるんですよね。

プロの人にとっても、1台を12時間粘って打つほうが一番簡単で、
安心な訳なんですね。そういう不確定要素時間が少ないんで。

しかし、1台で取り過ぎちゃうと、
かなり釘が閉められてくるとか、追い出しとか、出禁とか、
そういうことも考えられますし、

最近では、等価交換のホールとか、そこら辺が多いんで、
換金ギャップというのが発生しないんですよね。

だから、例えば、こっちで6時間打って、
あっちで6時間打つという渡り打ちっていうのかな?
そういう人も結構多いのかなと思いますね。

田舎のほうの人は結構そういう風に
分散させちゃってるということなんですよね。

ただ、これってかなり難しいんで、
なかなかパチンコ初心者にはお勧めはしないんですけど、

そういう風に技術を上げれば可能だということしか
言えないのかなとは思います。

あとは、釘が動かない店に行くということもありますね。

釘が動かないというのは、
通常時から閉まりもしない、開きもしないという
店だったり、機種ということですね。

例えば、店でもそういうパターンもありますし、
機種では、バラエティコーナーみたいな感じで
あんまり動かないということがあるんですよね。

だから、不確定要素時間は少なくなるということで、
これは店読みということになりますよね。

釘読みで閉まってないと確認するという方法もありますけど、
店読みでやっちゃうということもあるんですよね。

店読みで、この店は釘を動かさないから大丈夫と。

結局、プロも釘読みだけで、
やってる訳じゃないんですよね。

釘読みが、100%ということはあり得ないんで、
ここで推論立てる訳です。

ここで80点取れたとしたら
残り20点とかの不確定要素があるんですよね。
もしかしたらみたいな。

ちょっとスルーのこの一本釘が・・・
みたいな感じになっちゃうんですよね。

そういう怖さがあるから、
その店読みというのもあるんですよね。
この店の傾向は?ということですよね。

このパチンコ店の読みは合えば合うほど、やっぱりしくりづらいですよね。

100%据え置きということが分かれば
大丈夫ということじゃないですか?

店の癖を読むということです。

元々僕はスロット出身なんですけど、
これはスロットでも役立つ訳なんです。

開く日とか、開かない日とか、
そういう事もある程度推測して読んでいくと。

で、この2つで読むことと一緒にデータも取ると。
収支をつけるということですね。

この収支をつける事によって、○か×か△か、
どこが悪かったのか?ということが反省出来ますし、

また釘読みの精度が高まり、
店読みの精度も高まるということなんですよね。

だから、パチンコというのは、
「パチンコの教科書」でもステップ順でお伝えしてますが、

初めは収支をつけるということですね。

次にパチンコの期待値計算がある程度出来るようになって、

釘読みがあって、

止め打ち、捻り打ちがあって、

で、店選びという感じですよね。

ざっくり言うと、この五つの柱で出来ているんですよね。
この五つの柱というのは、1個1個を100%にする必要は無いと
いうことなんですよね。

ただ、止め打ちが出来ないということで、
止め打ちが0点だと「死」なんですよね。

基本的に死です。

それだと、どんなに釘が読めたとしても
ほとんど稼げないんじゃないかなと思いますね。

しかし、パチンコの止め打ちがバリバリ出来たからって
稼げる訳でもないんですよね。

これ、銭形平次の時は稼げたということはありますけど、
今現状では、やっぱり釘が開いてるとか、
注意されないお店を見つけないと厳しいということですね。

釘が100%読めたからといって、
開いてる店を見つけれなければ、
意味が無いということですよね。

まあ、100%読めるということは、ほぼ無いんですけど。

期待値計算が出来なければ、不安定になってしまいますよね。
ギリギリの状態で打てないんで。

例えば、30回転の台があれば、
すぐに勝てるということは分かる訳なんですよね。

僕も昔はパチンコをやってましたが、
もう明らかに勝てるだろうという台しか
打ってなかったんですよね。

当時は、それくらいでも上手くいったというか、
3万円以上の台というのは、当たり前にあったんです。

しかし数年くらい前に水戸黄門とか
そこら辺が出てきたんですよね。

で、いろんなスペックが出てくるんで、
頭の中でパッと計算出来ないんですよね。
だから、失敗しちゃったりするんですよ。

等価で19回転、20回転でも、
あんまり回らないなあという感覚になってくるんですよね。

大当たり出玉とか、そこら辺トータルでの
期待収支ということなのに、

「大した事無いなあ」と言って、
やめちゃったりするんですよね。

で、後々、ツールで計算してみると、
「あっ、3万5千円あった!」みたいな感じで、
取り逃したりするんですよね。

こういう感覚にしないためにも
期待値計算というのが必要なんですね。

反省というか、そういう風に間違えてたというのも
分かりますしね。

釘読みで、出玉が良いと思っても
期待値計算すると、「あ、これ悪かったんだな」みたいに
回転率がコミコミで下がっちゃったとか、
分かるんですよね。

だから、1個1個が独立してるように見えますけど、
これらは全て連動してる訳なんですよね。

だから、そこを100%じゃなくて、
70%、80%くらい押さえれば、ほぼ大丈夫ということなんで、
短時間ということでも問題無いとは思いますね。

だから、今からするべき事というのは、
その期待値計算とかが多少分かるのであれば
他の事を全部クリアにするということですね。

そうしないと勝てないということです。

期待値計算が分かったからといって、
店選びとか、そこら辺が分からなければ、
勝てないですからね。

単なる数字オタクになってくるんですよね。
数字が強いということは、良い事ではあるんですけど、
数字オタクになったからといって、勝てる訳じゃないんですね。

数字オタクでも、全然稼いでいない方はいますからね。

数字オタクになると、次は
リスク、リスク、リスクになっちゃっうんですよね。

リスクを取らない、リスクを取らない、リスクを取らない
戦略になってきて、結局大して稼げないということになってくるんですよ。

甘デジとか打って、なんか全然開かない
とかいうことにもなってくるんですよね。

もうひとつ言うと、状況把握が足りてない
ということもあります。

トータルでプラスになるか?マイナスになるか?
1時間当たりいくら稼げるか?ということを
しっかりと把握してないということなんです。

木を見て森を見ずというか、
そういう人もかなり多いんですよね。

だから、そういう人たちは淘汰されていくというか、
数年前から等価交換化が進んでいって、
「等価じゃ打てない」という人もいて、

これは僕も、等価はあまり好きじゃないなあと
思ってたんですけど、

「等価は釘が開かない」
という思い込みだけでいっちゃうと、

結局、等価交換化が進んでいってる訳なんで、
そうなると打つ台が無くなって、
もう引退しか無いということですよね。

等価だから嫌いとか、等価は開かないとか、
そういう思い込みを捨てて、

しっかりと店を立ち回るとか、釘を読むとか、
シビアに計算するということにすれば、
等価でも勝てるということですね。

塾生の6割、7割くらいは
等価で打ってますからね。

今現状で換金率が高いところが多いんで、
そういう好き嫌いは言ってられないということですよね。

そういう風に本当トータルで考えれば、全然大丈夫なんで。

3時間くらいしか打てない場合、
店周りに徹する人が多いというのは確かです。
特にプロは多いですね。

なぜかというと、
やっぱり、そういう不確定要素時間もありますし、
その3時間で打つなら、1日打ちたいということですよね。

全然技術が足りないなら見ていくというのが、
正しい選択にもなってくるんじゃないかなと思いますね。

3時間とか、4時間とかで打っちゃうのは、
上級者の人が多いんじゃないかなと思いますね。

もちろん、これが「パチンコの教科書」で勉強して、
3時間、4時間でチャラになるとか、時給1000円とか、
そこら辺なら、全然いけますけどね。

ただ、チャラとか時給1000円とか、
そういう少ない期待値の場合、
技術が無ければリスクがあるんですよね。

例えば、プロの場合、時給1000円なら、
その不確定要素による幅は上下500円くらいなんですよね。

時給1000円とした場合、
時給500円から時給1500円くらいの幅しか無いんですよ。
小さい幅になってくるんですよね。

しかし、初心者の場合、
そういう不確定要素の幅も広いんで、
結果的に負けちゃうというか、

大した事無い台を打ってしまうということも
考えられるんです。

まあ、しっかり勉強すれば3時間、4時間でも
打って問題ないということなんですけど、

長時間打てる環境があるなら、
出来る限り、そこに焦点を合わせたほうが
勝率は良いんじゃないかなと僕個人的には思いますね。

後は、しっかりと「パチンコの教科書」で勉強して、
やってみるということですね。

一つ一つが独立してるように見えて、本当全てが連動してるんで、
一つ一つを100点にする必要は無いですけど、
一つでも取りこぼしては駄目だということですね。

ちゃんとステップ順に学べるように
しっかり考えて作っていますからね。

この記事を見て、まだ購入されてない方は
この下のリンクから詳細が見れるんで、
ご検討のほう、よろしくお願いします。

大好評のパチンコの教科書は、こちらで購入出来ます

★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

2つとも、押してもらえると感動します。



にほんブログ村 パチンコブログへ

にほんブログ村

パチンコ・パチスロについて質問・ご意見は、

fyymr234@gmail.com

までお願いします。

僕のメルマガでは、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を
不定期で配信しています。

↓よろしければ、チェックしてみてください。 
(登録は、パソコンと携帯。どちらでも可能です)

メールマガジン 

パチプロ清志の裏メルマガ登録は、こちらです。

注意)メルマガに登録すると、3分以内に自動返信メール
が届きます。メールが届かない場合は、メルマガが登録されてません

只今、携帯とヤフーメールが届きにくいです。(携帯は、7割届きません)
パソコンのメールならGメールがお薦めです。

※携帯でのご登録の前に
メール拒否設定をしている方は、admin@skamo.net
をコピして受信設定をお願いします。

それでは、また更新します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ