パチンコのへそ釘(命釘)の調整パターンは、どれが良いの?

いつも、応援クリック有難うございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今日は、現役パチプロ清志です。
今回も質問に答えていきます。

【質問】

はじめまして。
清志様こんにちわ!
いつも参考にさしてもらってます。

ビート有吉です。

質問なんですが、
ヘソには色々な形がありますよね?
例えば 命釘が右だけ上がってたり、左はまっすぐで右だけ外に向いてたり。
うちの近くのホールでは左が外に向いてて右はまっすぐです。

幅が広ければ形は関係ないのですか?

【回答】

ヘソ釘にはいろいろな形がありますよね。

ただ、基本的にはパチンコのヘソのサイズを
押さえておけば良いのかなと思います。

命釘のサイズが大きいということと、
釘の向きが上げか、下げかですね。

釘は、下げよりは上げのほうが良いということですね。

あと、細かく言うと、
玉が来る左側が開いてるか、
もしくは、逆側の玉が来ない右側が
開いてるかというのは、

一応、玉がくるほうの左に開いてるほうが
若干良いのかなと思いますけど、
そんなには影響は無いかなと。

どっちかと言うなら、左に開いてるほうですね。

ただ、それも結局ヘソのサイズになってくると思うんですよね。
だから、開いてるということで右側と左側があったら、
僕の中では、玉が来る左側が開いてたほうが良いかなと思いますね。

まあ、全体的に開いてたほうが一番良いんですけどね。
あとは、上げか下げかということですかね。

さらに細かく言うと、
ヘソ釘の2本の高さが違うというホールもありますね。

ベターなのは二つとも上がっているほうが良いんですけど、
片方だげが上がっているパターンもあるんですよね。

玉が来る左側が上がってるみたいな。
そうなると結構回転率はガクンと落ちますね。
同じ広さでもですね。

逆に、最初に玉が当たらない右側が
上がってるほうが、良かったりすることもあります。

ただ、これはなかなか難しくて、その盤面とかによるんですよね。
どっから入ってくるかによってきます。

左が上がっているパターンは、
基本的にどのパターンでも駄目だということなんですけど、

右だけが上がっているパターンだと、
玉が左から流れてきて、その上がっている釘に当たって減速するんで、
そこからそのままヘソに入るというパターンが結構あるんですよね。

ただ、ステージ入賞について言えば違ってくることもあります。
例えば、海物語もそうですけど、蒼天の拳みたいな綺麗に入るパターンがありますよね?
もう真ん中にいくと、ほとんどヘソに入るみたいな。

このパターン以外にも斜めから入るとかいうのが、
基本的に癖が良かったりするんですよね。

まあ、決まり方も真ん中から決まったほうが、
癖が良いというパターンもありますけど、
左からとか、斜めから決まるみたいな感じがあるんですよね。

で、こういうパターンでヘソのどっちかが上がっていると、
やっぱりそこで減速されるというか、当たり方が良くないんで、
癖が悪くなっちゃうみたいな事もあるんですよね。

だから基本的にヘソ釘の高さとかいうのも、
一応はあるということですね。

これは結局経験が必要というか、
打ってみないと分からないところがありますよね。
ヘソだけじゃなくて、そこら辺の相対関係が全てなんで。

あんまり難しく言ってもアレかなと思いますけど、
基本的には広くて上がっているというのが、
一番良いのかなと思いますね。

で、片方だけ開いているというパターンだったら
右が開いてるより左が開いてるということですね。

玉が入る側が開いてるほうが
若干良いのかなとは思います。

で、段差のある場合は、右側のほうが若干良いと。

ただ、ステージから入るパターンだと
それが逆にマイナスになっちゃうということが
結構あるのかなと思います。

まだまだ細かく言うと、
広さでも、どっからの広さかということが結構あるんですよね。

釘自体、何センチかありますよね。

それで釘の根元のほうが閉まってて、手前が開いているとパターンだと
開いているように見えやすいんですよね。

しかし、奥が狭いんということで
全然、回転数は変わってくるということはありますよね。

これも難しいところですが、
広ければ良いと考えてたほうが
僕個人的には一番良いのかなと思います。

広くて上げてるというのが原則ということですね。

そこから細かいところは打ってみないと、
なかなか分かりづらいということはあります。

僕自身が結構騙されやすいのが、
その奥が閉まっているというパターンで、
たまにあるかなと思いますね。

こうなると広めに見えても、そうでもなかったりしますね。

しかし、これも一回押さえれば大体分かるんで、
まあ、僕だったら、実機とか購入して、いろんなヘソの形で
何回も試してみるというのが面白いかなと思いますね。

広さを左にしたりとか、右にしたりとか、
上に上げたりとか、下げたりとか、
片方を上げて、片方を下げてとか、

そういうことをやってみると大体分かってくるんで、
僕はそういう意味も込めて実機を買って
やったほうが良いのかなと思いますね。

釘は全てのパターンを覚えても
結局のところ意味が無かったりするんですよね。

そこまで無いパターンの釘もある訳です。
最近だと、片側上げて、片側下げてるパターンは
たまにあるくらいなんで、ほとんど無いんですよね。

最終的にパチンコの釘を押さえようとしても
結局それらの相対関係になっちゃうんで、
かなり難しいんですよね。

昔、漫画とかでもあったんですけど、
赤海の島の釘をバーっと見て回ったと。

そうすると、他のパチプロ達はみんな帰っていったと。

しかし、その人が着目したのが、賞球口で
賞球口が開いてるんで、何発に1発は入るということなんで
あんまり玉が減らない訳です。

だから、20回の回転数が25回とか、30回になっちゃったみたいな。

これ見て僕の友達が「おお、これって凄いなあ」みたない感じで、
これから賞球口も見なきゃいけないみたいな事を
言ってたんですけど、

馬鹿なんですよね。

なぜかと言うと、そんな台って、
もう何万台に1台みたいな感じじゃないですか?

そこ見るより、ヘソを見たほうが結局良いというか、
その時は、その人は得したかもしれないですけど、
全然合理的じゃないですよね?

10000分の1みたいな確率のところを押さえちゃったとしても、
あまり意味が無いんですよね。

だから、基本的に一番簡単で、
一番問題の出やすいというところだけを
しっかり押さえていくということですね。

これが一番上達の近道なんじゃないかなと思います。

70点とか位までは結構いけるんですよね。
10の力くらいでいけるんです。

ただ、最後の90点から91点とか、
その1点のために同じ10の力とか必要になってくるんですよね。
これって効率的じゃないですよね?

だから、最低限ヘソの幅だけは、
しっかり押さえるということが良いのかなと。

あとの細かいところは、
もう実践でやってみるというのが良いかなと。

基本的には、広くて上げてる
というのがベストかなと思いますね。

あとは機種によって変わってくるんですよね。

左が上がっているとかいうのが良かったりもしますし、
悪かったりもするんですよね。

なかなか難しいところなんですけど、
ただ、あんまり変な調整してるところは
あまり良い店ではないこともありますね。

左が上がっているとかだと、もうマズイんですけど、
右が上がっているというところでも、
結局のところ、あまり良かった試しが無いんですよね。

大体、騙し釘を使うところは、
あまり良いところじゃないということもあるので、

あとは、実践で経験を積んでいくというのが、
一番かなと思います。

パチンコ初心者が1から釘を覚えるには、これがお勧めです

★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

2つとも、押してもらえると感動します。



にほんブログ村 パチンコブログへ

にほんブログ村

パチンコ・パチスロについて質問・ご意見は、

fyymr234@gmail.com

までお願いします。

僕のメルマガでは、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を
不定期で配信しています。

↓よろしければ、チェックしてみてください。 
(登録は、パソコンと携帯。どちらでも可能です)

メールマガジン 

パチプロ清志の裏メルマガ登録は、こちらです。

注意)メルマガに登録すると、3分以内に自動返信メール
が届きます。メールが届かない場合は、メルマガが登録されてません

只今、携帯とヤフーメールが届きにくいです。(携帯は、7割届きません)
パソコンのメールならGメールがお薦めです。

※携帯でのご登録の前に
メール拒否設定をしている方は、admin@skamo.net
をコピして受信設定をお願いします。

それでは、また更新します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ