パチンコの釘読み、期待値の勘違い~ごっちゃになってません?~

いつも、応援クリック有難うございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今日は、現役パチプロ清志です。
今回も質問に答えていきます。

【質問】

パチンコの止め打ちや捻りうちは大事だと思いますが、
スルーの上の一本釘がマイナス調整になってて、
ほとんど玉が通らなかったら通用しないんじゃないですか?

そういうときどうするんですか?

ヘソもよくてアタッカーもよくてワープもスルーも
全てプラスの台なんてあるんですか?

清志塾の理論ではそういうパーフェクトな台を
探さないと勝てないというんですか?

確かにパチンコの釘読みで、ヘソは一番重要ですが、
それだけだと他のところで削られまくって
大した期待値も得られないと思います。

どう思いますか?

【回答】

ちょっと勘違いもあるのかなと思うんですね。

なぜ僕が、パチンコの釘読みで「ヘソ、ヘソ、ヘソ」と言ってるのか、
たぶん、そこが分かっていないのかなと。

パチンコの釘には、ヘソ以外にも、ワープだったりとか、
スルーもありますし、風車とか、大当たり出玉とか、
いろいろありますよね。

重要度からすると、
これら全て、トータルで重要なんですよね。

ヘソも重要ですし、それ以外も全部重要なんですよ。
まず、これが一つ目です。

二つ目が釘読みということですね。

僕がヘソと言っているのは釘読みについてであって、
重要性とは違うということは、ちょっとイメージしてほしいんですね。

たぶん、僕がパチンコの釘読みで話したことを
重要性と混合してしまってるのかなと思うんです。

回転率に対しての重要度からすると、
ヘソも重要ですし、それ以外の全部が重要と。

で、釘読みの重要性ということを考えて、
僕は、ヘソが9割5分と言っているんですね。

これはパチンコの釘読みについての話なんで、
重要度とは、混ぜてはいけないですし、
重要なのは全部重要なんですよ。

なぜ、僕がヘソを釘読みで最重要視してるかと言うと、

一つ目が、今現状で、開け調整は
ヘソ以外はされないということですよね。

100%とは言えないと思いますけど、ホールの95%以上とか、
僕が行ってるホールはほとんどそうです。

だから、パチンコの釘読みは、ヘソを読んだほうが早いよということなんですよね。

二つ目が簡易性ということですね。
簡単だということです。

風車とか、そこら辺はヘソの何十倍も難しい訳ですよね?

パチンコの釘読みという分野があるとすると、
もちろん全部分かったほうがいいんですよね。

しかし、相対関係とか、いろいろあるんですよね。
例えば、ヘソが良くて、ワープが悪いとか、
ワープが良くて、ヘソが悪いとか。

それぞれを○、×、△とした場合、
いろんなパターンが出てきて、100通りとか、200通りにも
なってしまうんですよね。

この正解は、基本的には読めないということなんです。

パチプロでも分からないというか、
これが読める人というのは、
結局、似てるゲージを打ったことがあるとか、
経験なんですよね。

例えば、エヴァンゲリオンの新しいやつが出ましたと。
昔のエヴァンゲリオンとちょっと似てるなあ
という感じで読めるいうことはありますよね。

ここが重要だということは分かっているということです。

あとは、例えば、ワープが強いという台があって、
昔の機種で言うと、蒼天の拳はワープで9割とか
ヘソに入っちゃうんですよね。

GO!GO!マリンとかもそうですよね。

つまり、基本系でワープに入れば、
ほとんどヘソに入っちゃうという機種だったら、
ワープが重要だったりするんですよね。

後ろから見たりして、そういう事を読んで、
○×△の相対関係が分かるということはあります。

基本的には、そういう相対関係は読めないですし、
ヘソで調整されやすいということで、
結局、ヘソを読んだほうが早くて簡単だということですね。

横は良くなることはなくて
悪くしかならないんで。

悪くしかならないといっても
読めたほうがいいということはありますけどね。

しかし、ヘソをちゃんと読めないのに
横とか、それ以外を読もうとしても、
結局ズレちゃうんですよね。

基本問題と応用問題と、二つある訳じゃないですか?

応用というのは、
基本+基本+基本みたいな感じなんですね。

基本と基本をブレンドしたら、
応用になっちゃうんですよね。

だから、応用が分からないという人は、
たぶん基本がズレているんですよね。

例えば、基本が10点満点だとすると、
二つの基本を足して10+10=20で

これだと、その応用問題も分かるんですよね。

しかし、基本が9くらいでまあまあ分かっていて、
もう一つの基本も9でまあまあ分かってるということだと、

9+9で18になるんですよね。
こうなると答えが1割ズレてしまうんですよね。

こういう感じで、基本が二つだけじゃなくて、
三つとか、四つとか重なっちゃうと、
それの足し算とか、掛け算になるので、

基本が正しく理解されていないと、
答えがズレちゃうんですよね。

そこら辺を考えて、
パチンコの釘読みの場合は、ヘソという事を
僕は言っているということですね。

たぶん、ここの「読み」と「重要度」のところが
こんがらがってると思うんですけど、

重要度からすると、全部重要だということですよね。

ただ、僕の釘読みというのは、ヘソが中心ではあるんですけど、
最初は段階を踏んで読んでいくということなんですよね。

僕の場合も、もちろん横も読みますよ。

しかし、それは一回も打ったことのない
新しい台とか、全く行ったことのない店の時ですね。

その時くらいしか読まないんですよね。

あとは出来るだけ、後ろで見たりして、
前の癖とか、その相対関係で読んじゃうということですね。

重要は全部重要なんですよね。

しかし、全部を全部覚えるということになると、
かなり難しいですし、

相対関係は読めないとは思うんですよね。
僕も読めないんです。

100%は読めないということですよね。

パチプロの中でも、相対関係が分かる人というのは
結局経験があるということなんで、

最初から経験でやっていこうとすると、
僕が16年くらいですから、普通に数年かかりますよね。

出来るだけ簡単に、なおかつ効果的に
というのが僕の考えなんで、そこら辺を考えて、
パチンコの釘読みは、ヘソで十分ということですよね。

だから、重要度からすると全てが重要なんですよね。

ただ、ヘソさえ分かっておけば、横はズレないんで、
最初から打たなくてもいい訳じゃないですか?

例えば、ヘソサイズが3の時に
回りそうだなと思って駄目だった場合は、

3以下では打っては駄目ということですよね?
3.5以上じゃないと打っちゃ駄目ということですよね?

そこがピッタリ分かると、ほとんどズレないというか、
初めて打つ時だけが分からないという感じなんですよね。

だから、その新台とか、打ったことのない店だけ避けると
問題ないですし、それを繰り返していくと、
徐々に上手くなっていきますよね。

ヘソが分かれば、横も徐々に分かってくるのかなと思います。

質問に戻って、
「スルーの上の一本釘がマイナス調整になってて、
ほとんど玉が通らなかったら通用しないんじゃないですか?」
ということなんですけど、

これは原理原則に戻るということですね。

スルーが通らない台というのがあるんですよね。
例えば、ドロンジョにおまかせだったかな?
アレとか、本当は結構増えると思うんですけど、

スルーの位置が悪いんで、
増えないということもありますし、

ひとつ前の牙狼とかは悪くても、結構通っちゃうというか、
そこまで悪く出来ないというゲージなんですよね。

もっと前の機種で言うと、
美空ひばりとか、黄門さまも
そういうゲージなんですよね。

増えないというゲージもあって、
例えば、今でもあるアグネスとか、
どんどん厳しくなってますよね。

アグネスは今の状況だと、
かなりいろんな止め打ちをしないと、
増えないかなと思いますね。

増える店は少なくなってきてて、
どんどんスルーはシブくなってますからね。

僕も昔、打ってて、大体表面が27、28回転とかで
時短中はガツガツ増えて、下も増えるという
感じだったんですけど、

どんどん閉まっていって、
最近では、ほとんど増えを期待出来ないというか、

右と左に玉を流して
それで現状維持みたいな感じですよね。

だから、パチプロでもスルーを悪くされれば
通らないということはあるんですよね。

しかし、機種によっては、そのマイナスでも
問題ないということもあるんです。

だから、原則に戻るということなんです。

どういう事かと言うと、
その台の表面回転率での期待値と、

大当たり出玉が多いか、少ないかと、
時短中に増える、減るか、

これら、プラス、マイナスのトータルなんですよね。
その台の期待値というのがですね。

だから、玉増えがマイナスでも
表面が回れば問題ないということですね。

日当2万円を目標にする場合でも、
それらの足し算なんで、いっぱいパターンがあるんですよ。

例えば、表面はそんなに高くなくて1万円と。
ボーダーライン1割増しとか、そんなクラスだと。

しかし、大当たり出玉がちょっと良いとか、
時短中に玉が増えるとかで、ここを合計したら平均1万円になると。

これで、1万円+1万円で日当2万円ということも可能ですよね。

それ以外でも例えば、表面で25000円取れちゃって、
まあまあ回るぞと。

しかし、大当たり出玉は普通だけど時短中は減るよねと。
ここがマイナス5000円ということなら、

25000−5000=20000円ですよね。
こういう事も可能なんですよね。

だから、パチンコで稼ぐ為には、スルーが通らないから駄目なのかというのは、
基本的には、駄目な可能性が高いですけど、
表面回りが良ければ問題ないということですよね。

表面が20回転でも、スルーとか良くて増えるのであれば、
2万円いく台もありますし、

逆に増えないなら21回転とか、
減るなら22回転とか必要になってくるということです。
1回転5000円とパッと計算した場合ですね。

だから、そこはトータルで考えないといけないんです。

全部がパーフェクトのほうが理想ですけど、
それだけを考えないということですね。

そう考えるから、応用が利かないんじゃないかなと思いますね。

昔で言うと、銭形で2万円取るということだと、
表面が十何回転で5000円みたいな。
で、増えは15000円みたいな。

そういう感じでもいけちゃうんですよね。

増やさなきゃいけないというイメージはあるんですけど、
そういう事ではないんですよね。

増やしてもいいですし、
減らしてもいいというか、

まあ、減る機種というのは
あまり打たないと思いますけど、

表面回転率と出玉の増減、この二つのトータルなんですよね。
この足し算で答えが出るということですね。

答えを2万円にする場合、
足して2万円になればいいので、
スルーが通らなくてもいける場合はあるということですね。

基本的に僕の場合、少し日当が高いということがありますし、
減る機種というのは、あまり打たないというか、
プロはあまり打たないですけどね。

ただ、結構減る機種でも打ってたのが、
コブラという機種ですね。

これって賞球が一個なんですよね。

銭形とか、そこら辺だと3個賞球ですよね。
だから、1個入ったら2個増えるということですよね。

もっと昔なら、賞球4個とか、5個とかあったんですけど、
コブラは賞球1個なんですよ。

1個入って1個戻ってくるんで、
漏れた分は全部マイナスなんですよね。

だから、これは減るんですよね。
どう考えても減るというか、

止め打ちで減らさないようにはしてたんですけど、
それでも減りますね。

パチプロはあまり賞球1個のやつは打ってないというか、
今現状では、あんまり流行ってないかなと思いますね。

2個賞球とかが多いですよね。
今の海物語も、確か2個だったはずですね。

こういう機種で、あまり減らさないとか、
ちょっと増やすというのがの基準になってくるということですけど、

僕は、コブラを打ってたんですよね。
これは0.5個くらい減るのかなと思いますね。

もう本当、止め打ちしなかったら、
相当減るんじゃないかという感じで、

それでも結局、表面が35回転とか、
それくらいのクラスなんですよね。

こうなると、もう問題ないということですよね。

こんな感じでもいけるということなんで、
今現状でメジャーではないですけど、
あんまり増えなくても、いけちゃうという機種はあります。

表面回転率次第ですよね。
表面がどこまであって、スルーのマイナス分を
補えるかどうかなんですね。

だから、全部プラスが理想ですけど、
どこかがマイナスということはよくあるんですよね。

しかし、全部トータルして自分の目標に達するか、
例えば、時給1000円なら1000円でいいですし、2000円なら2000円、
日当20000円なら20000円でもいいと。

その目標にトータルでいけるかどうかですね。
そのための釘なんです。

玉が通らなくてもいけるパターンもありますし、
いけないパターンもあるということですね。

玉が増えないパターンだったら、
表面が足りないと打たないということにはなってきますね。

次の「ヘソもよくてアタッカーもよくてワープもスルーも
全てプラスの台なんてあるんですか?」
ということなんですけど、

少ないですけど、あります。
全然、あるということですね。

ただ、そこまで目指さなくても、
1万5千円、2万円クラスの台なら別に全部がプラスじゃなくても
問題ないということですね。

しかも、プラスというのもどこまでがプラスなのか、
結構あやふやなところがあるんで、
なかなか難しいところですけどね。

全てプラスの台もあるにはあるんですけど、
無くても問題ないということですね。

パチンコで日当3万とか、4万を目指しているなら別でしょうけどね。

次の「清志塾の理論ではそういうパーフェクトな台を
探さないと勝てないというんですか?」
ということですけど、

パーフェクトじゃなくても勝てるんですよね。
日当1万円でも1万5千円でも勝てるということですね。

増やしだけでもいっちゃう機種もありますし、
今現状だったら、表面が1万円で、
時短1回転あたり1個増えれば5千円くらいになるんで、

これで1万5千円くらいになりますよね。
こういう機種でもいけるということですよね。

パチンコで日当2万円が目標なら、
表面の1万5千円と玉増えの5千円でもいいですし、
逆に表面の2万5千円と玉減りのマイナス5千円でもいけるということですね。

表面の2万円と玉増減チャラでもいけるということですよね。

次の「確かにヘソは一番重要ですが、
それだけだと他のところで削られまくって
大した期待値も得られないと思います。」
ということなんですけど、

これも全部トータルで考えるということですね。

ヘソが一番重要というのは、先ほども言ったように
横は良くならないから、その店の基準で
ヘソを計っていくということですよね。

重要度からすると全部ということです。

ヘソが良くて、他も全部良いとか、
逆に、他が全部良くて、ヘソが悪いでも何でもいいんです。

それら全部を合わせた時に
あなたのゴールになればいいということです。

勝つか負けるかだけで考えるのであれば、
チャラ以上でいいということになっちゃうんで、
それだと、なんでも打てちゃうということですよね?

ちゃんとトータルで考えるということですね。

そのトータルをあなたの目標の2万円なら2万円、
1万5千円なら1万5千円で考えて、

そこから逆算して考えるということですよね。

もう一回言うと、
重要度とするなら全部なんですけど、
結局調整されるのはヘソだけなんで、
パチンコの釘読みは、ヘソを中心に覚えちゃうと、

簡単で、勝ちやすいんじゃないかということですね。
相対関係はパチプロも分からないということです。

あと、ヘソとか、そこら辺だけじゃなくて、
大当たり出玉とか、時短中の出玉増減とか、
そこら辺を足しての期待値なんで、

こういうところを勘違いしないということですね。

効率よくパチンコで稼ぐ為には、これで勉強しましょう

★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

2つとも、押してもらえると感動します。



にほんブログ村 パチンコブログへ

にほんブログ村

パチンコ・パチスロについて質問・ご意見は、

fyymr234@gmail.com

までお願いします。

僕のメルマガでは、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を
不定期で配信しています。

↓よろしければ、チェックしてみてください。 
(登録は、パソコンと携帯。どちらでも可能です)

メールマガジン 

パチプロ清志の裏メルマガ登録は、こちらです。

注意)メルマガに登録すると、3分以内に自動返信メール
が届きます。メールが届かない場合は、メルマガが登録されてません

只今、携帯とヤフーメールが届きにくいです。(携帯は、7割届きません)
パソコンのメールならGメールがお薦めです。

※携帯でのご登録の前に
メール拒否設定をしている方は、admin@skamo.net
をコピして受信設定をお願いします。

それでは、また更新します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ