パチンコの釘読み(命釘)、大当たり出玉の計測法

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

  ⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

今日は、現役パチプロ清志です。
今回も質問に答えていきます。

ここから

度々質を採用していただきありがとうございます。
 今日は起きたら昼過ぎという失態をやらかし、
仕方ないのでホールを複数店回って帰ってきました。

 そしたら、今日行ったとある等価交換のホールで
面白い調整を見かけたので
釘読みについて質問させて下さい。

そのホールは、ほぼ全台ヘソの幅がガバ開きで、
右側の命釘を左の命釘よりやや上げていて
見た目より回りませんでした。

ヘソは広ければ広いほどよく、
上げ調整のほうが良いよいうことは分かりますが、
なぜ、2本の命釘に段差をつけると回らなくなるのでしょうか?

 
その店はアタッカー、スルーをがっつり削って
いて大当たり中、時短中に玉が減ります。

しかし、ボーダー+3くらいの台は見つけられたので
明日以降使おうと思っています。

プロの目から見てこの台はいかがでしょうか?

また、時短中の玉減りは大当たり後玉を抜くことで測れましたが、
大当たり中の無駄玉はどのように測るのでしょうか?

ここまで

解りました。

動画を作成したのでご覧ください。



パチンコの釘読み(命釘)、大当たり出玉の計測法

★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

 ⇒ 今何位? <人気ブログランキング>



パチンコ・パチスロについて質問・ご意見は、

fyymr234@gmail.com

までお願いします。

僕のメルマガでは、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を
不定期で配信しています。

↓よろしければ、チェックしてみてください。 
(登録は、パソコンと携帯。どちらでも可能です)

メールマガジン 

パチプロ清志の裏メルマガ登録は、こちらです。

それでは、また更新します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ