パチプロと素人の違いを語ります

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

今日は、現役パチプロ清志です。
今回も質問に答えていきます。

【質問】
清志さん始めまして、
山本といいます。

動画を拝見しまして興味を持ちました。

最近いろんなパチプロの方のブログなどを見てると
勝ててる人はみんな根本的な部分で共通の思考を
してるなと思い、今更ながら「パチプロ=ダメ人間」という
オカルト思考から脱却できました。

というのは今までパチプロという仕事が成り立つわけがない
と思ってまして、
「勝てない」ものだと勝手に決め付けていました。

自分の周りでパチンコで生計を立てている人間と接する機会が
あまりないという理由もあり、

勝つための単純な理屈をスルーしてしまうという悪循環が、
今後ネットの普及によりそれが良い方向へと改善されるなら、
プロとしては困るはずですが、

そこを逆手に取っての清志さんのビジネススタイルは、
「顔出し」という信頼感もあって好感が持てました。
偉そうな言い方ですいません;

ところで、
清志さんは今この僕のメールがお金に見えてると思いますが、
金にならないと判断した場合、
それでも期待値を稼ごうと粘ってみますか?

長い”ハマり”にはプロでも動揺するもんですか?

【回答】
パチプロ=ダメ人間という思考が
変わったとうことですが、基本的にパチプロ=ダメ人間と
いうのは間違いではないかなと思いますが(^^;

これは清志塾でも初めに言ってることなのですが、
ホームレス思考を打開するって話しで、

簡単に言えば、ホームレスの中でトップになったとしても
たいしたことないということ。

普通に働いたほうが、かなりお金になるよ
という話なんですね。

パチプロにはパチプロの思考があって
パチンコで稼ぐだけがパチプロであると考えているので
たいした収益は上がらないということなんですよね。


稼いでいる人は結構稼いでいて、
清志塾でも1000万以上いっている人は結構いますが、

そういう人でも、例えば、ネットも使っていけば、
かなり収益は上がってくると思うんです。

トップの人の話を聞いて
思考を変えていくというか、
徐々に思考を変えていかないと

行動も変わらないのです。
行動が変わると、結果も変わるということなんですね。

だから、パチプロの中でも
1000万以上の人もいれば、
300万くらいの人もいる訳です。

だから、そこの部分を
しっかり考えてほしいなと思いますね。

あと、質問の「金にならないなら~」という部分、
少し分かりづらいのですが、
パチンコ、スロットに関してですかね?

パチンコ、スロットの場合だと、
お金にならないなら、まったく打たないですね。

僕の中での決め事として、
パチンコ、スロットをする理由というのが
基本的にお金を稼ぐためだけなんですよね。

だから、ちょっと頑張れば
いけるということであれば頑張りますが、

例えば、昔でいえば、
止め打ちが難しい、となって、
そのために、なかなか取れないという状態で、

試行錯誤すれば、いけるんじゃないかと
いうことであれば、粘りますが、
トータルでお金にならないと考えた場合は
バッサリ切りますね。

で、もうひとつ、こっちのことかもしれませんが、
「お金に見えてますか」ということは、

例えば、アフィリエイトとか清志塾に入塾しない
ということで、「お金にならない」
ということなんですかね?

そういうことなら、どうするか?
なんですが、その場合でも、粘りませんね。

清志塾に、入ってくれない人がいたとしても
その人に対しては何もしないということです。

塾は塾で、有料は有料で、
しっかりしたコンテンツがありますし、
もちろん無料でも出してますし、

有料のものも買ってほしいのは事実ですが、
あんまりゴリゴリ押してしまうと、余計な人が入ってくると
いうこともあるんですね。

ある程度、伝えていかないといけないですが、
あんまりしつこくセールスすることは
ないかなと思いますね。

初めの清志塾の募集も15日とかあって、
売り上げも1000万以上になって、かなり売れたのですが、
振り込んでいない人も結構いた訳なんです。

コレって普通どうするかといえば、
メール出して、振込みどうですか?のような感じで
いったりしたほうが、振込み忘れという人もいるので
良いかもしれないんですね。

ただ、僕の場合、面倒くさいというところも
ありましたが、塾生には変な人を入れたくない
というところもあるし、

あまり入る気が無い人に、強要しても、
その人自身の満足度も高くならないと思うんです。

最終的には購入しただけでは、
上手くいかないし、購入して、勉強して、
行動することで結果につながる訳ですから。

あと、入塾検討者にスカイプ相談しましたが、
それでも入らない方もいるんですね。3割くらいは。
それでも、問題ないということですね。

もちろん、有料と無料の制限はありますが、
例えば、清志塾だけではないんですよね。
それ以外でも僕は、一生涯付き合って
いきたいなあと考えてるんですね。

清志塾はひとつの商品ですよね。
で、これに興味がなかったとしても、

例えば、ユッキーさんが、
ハイエナの商品を作ったとして、
これには興味があるということはあるかもしれないし、

セミナーをやるとして、それが1万とか2万だとしたら、
これだと行ってみたいなあと考える人も
いるかもしれませんよね?

今、二つの商品しかないので、
選択肢も少ない訳で、今後、いろいろな商品を
取り揃えていくので、自分の好きな商品を
購入してもらえればいいかなと。

まあ、そういうふうに思っているので、
今、購入してもらえなくても問題ないかなと思いますね。
それは僕の力不足だったということですね。

だから、人を追ったりはしたことないですね。
あんまりヤバそうな方はブラックメールに
いれたりしてますけど(^_^;)

あと、長いハマリに関してですが、
かなかな勝てないとか、欠損とかいうことですかね?

これは、プロはあんまり動揺しないかなと
思いますね。多少ムカムカしたりはありますが。

ただ、あまりにもということであれば、
ちょっと動揺しますけどね。

僕の経験では、黄門様と牙狼ですね。
これはかなり欠損くらってますね。
とくに牙狼はすごいことになってましたね。

あと、もっと昔でいえば、島唄ですね。
これは、最初いくらやられたとか分からないくらいで、

理論はあっていたのですが、ホント引けなくて、
恐ろしいことになっていたので、
ちょっと動揺はしてましたね。

ただ、動揺はするけど、やることは
あんまり変えないということですね。

もちろん、牙狼でも100万とか欠損になった場合、
怪しいなということで、確率を調べたりするのは
OKだと思うですよね。

もしくは、海物語とかその他の機種で
分散して打ってみることもアリかなと思うのですが、

スロットとパチンコの違う部分で、
島唄の場合、そのころは勝てるという確信もあったのですが、
「もしかしたら」という部分もあるんですね。

「もしかしたら」というのは
計算の部分なのですが、パチンコの場合だと、
ほとんど計算間違いはないんですね。
あるとしたら、遠隔くらいです。

だから、スロットの場合は多少、勝てると思っても、
かなり負けてくると、もう少しラインを上げる
というはしてました。

パチンコで言うと、千円20回で日当3万いく台なのに
それでも負けが続くと、21回にあげちゃうとか。
そういうことはありますね。

パチンコの場合、一応、前に言いましたが、
トータル確立を計算して遠隔じゃないかということは
多少確認しますね。

確認して、だいたい大丈夫かなということであれば
普通にいきますね。

基本的に100万以上負けるとか、
欠損もそれほどあるものでもないですし、
プロにとって一番のストレスは、
結局打てないということですね。
あぶれてしまうこと。

それに比べると、欠損はまだマシかなと思いますね。
多少は動揺することもありますが、
行動は変えないということですね。

だから、ココがプロと素人の違いかなと思いますね。
パニックにはならないということです。
パニックになったらホント終わりなんで。

だから、ここの部分を注意していれば
大丈夫かなと思います。

さらに、パチンコ、スロットについて詳しく聞きたければ、
僕のブログのサイトマップから過去の動画も見れるように
なっているので、勉強してもらえばなと思います。

勝率を気にするのなら、これを購入する事をお勧めします

★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

2つとも、押してもらえると感動します。



にほんブログ村 パチンコブログへ

にほんブログ村

パチンコ・パチスロについて質問・ご意見は、

fyymr234@gmail.com

までお願いします。

僕のメルマガでは、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を
不定期で配信しています。

↓よろしければ、チェックしてみてください。 
(登録は、パソコンと携帯。どちらでも可能です)

メールマガジン 

パチプロ清志の裏メルマガ登録は、こちらです。

注意)メルマガに登録すると、3分以内に自動返信メール
が届きます。メールが届かない場合は、メルマガが登録されてません

只今、携帯とヤフーメールが届きにくいです。(携帯は、7割届きません)
パソコンのメールならGメールがお薦めです。

※携帯でのご登録の前に
メール拒否設定をしている方は、admin@skamo.net
をコピして受信設定をお願いします。

それでは、また更新します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ