パチンコの完全確率と言う概念を理解しよう!~自宅で買ったパチンコの実機を打ち、1000回転ハマリ後にホールに行くと大連荘する気が・・( 艸`*)

いつも、応援クリック有難うございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今日は、現役パチプロ清志です。
今回も質問に答えていきます。

【質問】

清志さんこんばんは

確率の収束について質問です。
僕は最近実機を買い、ただで遊びまくっています。

でも、お金がかかっていないとやはり面白くなく、
お金があればパチンコ屋に行き、
お金が無くなれば実機で遊ぶようにしています。

そこで確率は収束するということを知ってからふと疑問に思いました。

僕が持ってる実機もパチンコ屋に置いてるパチンコ台も同じ完全確率であり、
お金がかかるかかからないかの違いで、
確率はしっかり収束していくと言う事ですよね。

となると無料で打ってる実機の方で当たりまくると期待値が下がり、
逆に全然当たらなければ期待値が上がるという考え
(安く抽選を受けている)であっていますか?

【回答】

これは間違ってますね。

よく勘違いするところでもあるんですけど、
収束とか、完全確率とか、そこら辺を
ちゃんと理解してないのかなと思いますね。

完全確率というのは、どういうことかと言うと、
大当たり確率1/100で、100回に1回は大当たりする場合について
考えてみます。

例えば、白の玉がハズレで99個入っていて、
黒の玉が大当たりで1個入った箱があるとします。

合計100個で大当たりが1個ということで1/100ですよね。

ここで、目隠しして手で取っていくと。

で、それが白なら
これはハズレですよね。

ここで、このハズレの白はどうするか?
なんですね。

ポイっと捨てるのか?
ということなんですけど、これは違うんですよね。

ポイっと捨てた場合、
その箱の中は1/99になっちゃうんですよね。
ハズレが一個減ったということで。

そういう考えじゃなくて、
その手に取ったハズレの白を
箱に戻すんですよね。

で、グルグルっと混ぜちゃって、
また取っちゃうということなんです。

毎回、毎回、同じ確率1/100で抽選してるというのが
完全確率なんですよね。

だからこそ、当たったから次も当たるとか、
ハマったから次もハマるとか、
ハマったから次は当たるとか、
当たったから次はハマるとか、

ここは神のみぞ知るということなんですよね。
分からないということなんです。

一回一回独立した抽選なんで、
分からないんですよね。

収束については次の二つで変わってきます。

一つ目に試行の回数ですね。

1回1回独立した抽選なんで、
試行回数は1回より100回のほうがいいと。
100回より10000回のほうがいいと。
10000回より1000000回のほうがいいということですよね。

二つ目が、分母ですね。

先ほどの例の1/100ならシンプルなんですけど、
台によって1/350とかで、確変があったりとか、
突確があったりとか、いろんなタイプの台がありますよね。

甘とか、マックスタイプとか。

その中で確率分母が少ないとか、
出玉有り無しが少ないということだと、
収束しやすいということですね。

収束ラインというのは、基本的に試行回数が多いか、少ないか、
分母が小さいか、大きいかで変わっていくということなんです。

独立抽選というのは、
一回じゃなくて、何回もしなければ
分からないということですよね。

今回の質問の家の実機と店のパチンコ台が一緒だったと。
これがどっちも裏物じゃなければ、それは同じ台で、
AKBならAKBで完全確率なんですよね。

しかし、どっちかがハマったからといって、
もう片方が連チャンするかどうかは分からないですよね。

連チャンするかもしれないですし、ハマるかもしれないんです。

しかし、これを何万回も繰り返すと、どうなるかというと、
両方とも収束しちゃうんですよね。

だから、あんまり関係ないということになってきますよね。
操作できないというのが前提ですからね。

こういう所を理解するには、二つあるのかなと思いますね。

一つ目が理論から入るということですね。

理論から入るというのは、
例えば、算数の教科書もあると思うんですよね。

算数の教科書とかは結構馬鹿に出来なくて、
頭がいい人たちが、どうしたら上手く学べるか
ということを順序立てて、スキーム化して作っているんですよね。

だから、例えば、2年生のところが分からなくて、
3年生が分かるということはあり得ない話になってくるんです。

教科書というのはコツコツと積み重ねていかないと
数字の力って上がってこない形なんですね。

だから、分からないところから
一個一個やっていくということですね。

分からないところから調べて
そこから徐々に上げていくということですね。

もうひとつが体感から入るということです。

確率の収束とか、完全確率が理解出来ないと、
ボーダーライン理論というのが理解出来ないんですよね。

理解出来なくても、なんとなくボーダーラインより上だと勝つとか、
期待値計算とか、ツールとか、メモを取ることなどをやってみると。

パチンコの教科書ではしっかりお伝えしているんで、
それで勉強してやってみると。

とりあえず疑いながらでも、
「本当かな?」とか思いながらでもやってみて、

結果が出た瞬間に体感出来るということなんですよ。

頭の中の理解より、実際に自分が行動してみて
「ああ、正しいのか」ということで体感出来るということですね。

体感にはもうひとつのパターンがあります。
基本的に、パチンコで負けるとか、スロットで負けるというのは、
周りにスロプロがいないからなんですよね。

パチプロはパチプロ同士集まりますからね。

だから、全体の1%もパチプロはいない
ということなんですよね。

あなたがパチンコを始めたのも基本的に誰かに
教えてもらったという形が多いんですよね。

大概、打ってる人の99%がパチンコやスロットの素人なんで、
素人が素人に教えてもらったら、

負けてる人から教えてもらう訳なんで、
基本的に負ける訳なんですよね。

僕自身もそうで、谷村さんの本も好きでしたし、
初めてスロット打った時とかはAタイプが主流の時だったんですよね。

16年前くらいですね。

その時に何をしてたかと言うと、
コインタンクを斜めから見て、コインが多ければ、
そろそろ出るからみたいに言われてて、

ずっと、僕もタンク見てたんですけど、
勝てる訳ないですよね?

よくよく考えたら、
ストック機でも何でもないですし、
ストック機ならいいんでしょうけど、

Aタイプだと逆にマイナスの可能性が高い
ということなんですよね。

こういう風にオカルト理論とかで99%が負けてるんで、
みんなそういう考えになっちゃうんですよね。

数字に弱い人がかなり多いんで
そういうことになるんですよね。

で、もうひとつの体感パターンとして、
他人を見て体感するというのがあるんですね。

高校生くらいから僕はパチンコを始めたんですけど
周りに完全確率を教えたからといって、
よく理解出来ない訳なんですよね。

最初は、みんな理解出来ないと。

しかし、僕自身が良い生活をしてれば、
「こいつの言う通りだろう」と思ってしまう訳なんですよね。
ジャンジャン僕が出してたらですね。

これしか無いなということが体感出来る訳なんですよね。
だから、その通りにやり始めるということですね。

この理論から入るか、体感から入るか、
体感でも、自分の体感から入るか、
他人からの体感から入るか、

ということで、完全確率とか、収束とかは
カバー出来るんじゃないかなと思います。

それと、この数字に弱いというのは、
日常生活でもかなりデメリットというのが
出てくるんですよね。

具体的な事例で言うと、
例えば、消費税というのは5%ですよね。

ここで「消費税を割り引きます」と「5%引きです」というのは、

「5%引きです」のほうが5%引いてから、また消費税がかかってくるんで、
厳密にはイコールじゃないですけど、ニアイコールで近いんですよね。

もうひとつが「20人に1人が無料」。
これも5%引きなんですよね。

1万円買おうが、100万円買おうが
レシートに1/20の当たりが出れば、
無料というのも、これ5%引きなんですよね。

この3つがほぼ同じなんですけど、
あなたが購入者なら、どれを選ぶか?ということなんです。

「これ同じじゃん」と思えば、
数学的能力があるんですけど、

たぶん「20人に1人が無料」とか面白いですから、
そっちを買っちゃうという人もいるんですよね。

これで、その人の数学力がすぐ分かっちゃうんですよね。

それ以外にも、競馬の攻略法だったり、
FXの攻略法というのもありますよね。

基本的に、そういう投資系になると、
過去の傾向から未来も勝てるんじゃないかなということで、
自動ソフトなんかがあったりするんですよね。

例えば、こういうパターンで、こういうパターンの場合はどうか?
ということで過去データを調べていくんですよね。

実際に未来においても同じパターンになるか
分からないということもありますし、

基本的に、パチンコでもそうなんですけど、
オカルト理論とか、ホルコン理論とか、
そこら辺も過去から都合の良いところだけを取って、

勝ったところだけ見せちゃうんで、
「99%勝てますよ」みたいな感じになっちゃうんですよね。

で、見る側からすると「99%も勝てるのか」となって
信用してしまうんですよね。

ここも確率の数学的思考があるかどうかなんですよね。
分母が合ってるかどうかなんです。

あなたが見せられた分母というのは、
その販売者に都合のいい話じゃないですか?

オカルト理論でも、「この台とこの台が勝てる」
とか言ってるんですけど、

ピッタリと当たる訳じゃなくて、
大体、何台かは負けてるんですよね。

その負けた台というのは切っちゃって、
勝った台だけ取っちゃうんで、
100%とか、99%になっちゃう訳なんですよね。

そういったものに騙されないためには、
あなた自身が検証しないといけないんです。

見せられた形だけに
騙されちゃいけないということなんです。

販売者はそういう風に上手い事を言いますからね。

正攻法を教えても
腑に落ちないという人もよくいて、

オカルト理論とか、ホルコン理論が
あるんじゃないかと思ってる人もいるんですよね。

自分がこうしたら、こう当たるとか、
自分の左はよく当たるとか。

これは検証してないからなんですよね。

人間の脳って基本的に都合よく出来てて、
良い事を覚えてて、良い事が印象に残りやすいのと、
一番悪い事も印象に残りやすいんですね。

「普通」が印象に残りづらいんです。
つまり人の脳って、そういう風に曖昧なんで、
自分都合で考えちゃうんですよね。

だから、負けたり勝ったり、負けたり勝ったりしてても、
勝った時の事しか覚えてないということなんですよね。

だから、何かのオカルト法を聞いて実行する時には
勝てるのか、負けるのか理論付けるということですね。

自分だけじゃなく、他人でもいけちゃいますからね。

そういう風に分母を合わせていかないんで、
結局、負けちゃうというか、なんでもいいですけど、
仮説を立てて検証するということですね。

仮説が間違っていてもいいと思うんですよね。

仮説が間違ってても、検証して結果が出て、
「これ違ったよね」といって×にするならいいんですよ。

よく分からない△を○か×に変えていくということなんです。

しかし、ほとんどの人が変えないんですよね。
そのデータも取ってないですし、分母も合ってないですし、
思い込みでやっちゃうんで、△のままなんですよね。

だから、負け続けるということなんです。

負ける理論でも、勝つ理論でもどっちでもいいんですが、
結局、そういう風にちゃんと客観的に見るとか、
数字で腑に落とさないと、

同じ間違いばかりを繰り返しちゃうんですよね。
だから、損し続けるんです。

例えば、カジノとかでも、倍々賭けみたいな感じで、
負けたら、その倍ずつ賭けていけば、
「99.999%勝てるよ」と言うんですけど、

投資には上限があったりとか、
そんなに世の中の人はお金持ちじゃない
ということですし、

これで期待値が出ると思ってる時点で、
終わってると言えば終わってるんですよね。

なぜかと言うと、基本的に手数料も取られますし、
これ完全確率とすらなら、倍々賭けということで、
99%勝ったとしても、

その1%の負けでドカンとやられちゃって終わりなんですよね。

FXなんかでも、そんな感じですよね。
逆に1%の勝率でも、勝つということも可能なんですよね。
期待値が出てればですね。

ここら辺がよく理解出来てなかったりもするんです。

パチンコの勝率を気にする人というのも
そういうのに当てはまるんじゃないかなと思うんですよね。

だから、数字に騙されないためには
そういう理論とか、体感をしっかり持っていくと
いうことが大事かなと思いますね。

理論で持っていくなら、最初に言ったように
算数の教科書というのもありますし、

他の本で僕が好きなのは、細野さんという方がいて、
たぶん一番有名なのは、株とか経済なんですね。

「世界一分かりやすい」みたいな
経済の本があるんですけどね。

で、この細野さんは元々が数学の講師なんですよね。
予備校のカリスマ講師なんですよ。

基本的に数学って、やっぱり教えづらいんですよね。
なかなか興味持たせるのも難しい訳じゃないですか?

カリスマということで、やっぱりそういう事を
教えるのが上手いんですよね。

数学の本とかも出していて、
読んだら、面白いというか、
かなり分かりやすいと思いますね。

特に経済の本とか、かなり分かりやすかったですからね。
僕個人的にはお勧めなかと思いますね。

そういう風に、数字にある程度、強くなれといっても、
別に、数学馬鹿になれということじゃないんですよね。

数字をちゃんと勉強しないと、本当やられちゃうというか、
人生においてやられちゃうんですよね。

そういう割引なんかでも
例えば、ソフトバンクとか、いろいろありますよね?

初めは無料にして、あとは高いとか
いうこともある訳じゃないですか?

契約プランとか、そういうものは
数字をいっぱい重ねて分からなくしてるんですよね。
販売者はですね。

ライフタイムバリューといって、
顧客単価を上げるためにいろいろ工夫してる訳なんで、
賢い消費者でいるためには、しっかりと数字で考えて、

本当にお得なのかどうか?とか、
騙されてないか?とか、

やっぱり自分の身は自分で守らないといけない時代なんで、
しっかり勉強したほうがいいんじゃないかなと思いますね。

細野さんと経済とかで調べると、
たぶん、たくさん出てくると思うんで、
買ってみてもいいんじゃないかなと思います。

僕自身、二十歳くらいかな?
それくらいの時にずっと読んでて、
かなり勉強になりましたし、良い本だと思いますよ。

売上本数400本突破!大好評のパチンコの教科書は、こちらです。

★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

2つとも、押してもらえると感動します。



にほんブログ村 パチンコブログへ

にほんブログ村

パチンコ・パチスロについて質問・ご意見は、

fyymr234@gmail.com

までお願いします。

僕のメルマガでは、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を
不定期で配信しています。

↓よろしければ、チェックしてみてください。 
(登録は、パソコンと携帯。どちらでも可能です)

メールマガジン 

パチプロ清志の裏メルマガ登録は、こちらです。

注意)メルマガに登録すると、3分以内に自動返信メール
が届きます。メールが届かない場合は、メルマガが登録されてません

只今、携帯とヤフーメールが届きにくいです。(携帯は、7割届きません)
パソコンのメールならGメールがお薦めです。

※携帯でのご登録の前に
メール拒否設定をしている方は、admin@skamo.net
をコピして受信設定をお願いします。

それでは、また更新します。

コメントを残す

サブコンテンツ
'

このページの先頭へ