スロットの高設定狙いをする場合、最短でホールの癖を掴む方法

いつも、応援クリック有難うございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今日は、現役パチプロ清志です。
今回も質問に答えていきます。

【質問】

いくつか質問があるのでお時間よろしければ、
解答のほうよろしくお願いします。

打たず嫌いしていたスロットの稼働を取り入れようと
思い店回りをして、朝一からスロットの設定狙いにおける優良店をみつけました。

さっそくホールの癖の特徴を掴もうと思いデータを
取ろうとしたときに次のような疑問が浮かびました。

ひとつ目がスロットの設定やパチンコの釘調整をする人、いわゆる店側の人間は
大型店舗になればなるほど人数が多くなると思うのですがその場合、
人により癖や調整の特徴が異なり同一店舗なのに
島ごとで癖が違うといった現象は起こるのでしょうか?

とりあえずデータサイトセブンの数値からある程度スロットの高設定の分布が
わかるAタイプのデータを取りそこから見えてくる癖をART機種に
反映させていこうと思っているのですが上記のような現象がある
場合特定の機種のデータだけでは
店全体をカバーできないよな〜と思いました。

無料動画でもパチンコやパチスロの癖に関する解答は沢山あったと思いますが
出来るだけ効率よくデータを取っていきたいので清志さん流の
新規開拓時の具体的なデータの取り方や方法が
あれば教えて下さい。よろしくお願いします。

【回答】

最初の質問の「癖や調整の特徴が異なり・・・」というのは
ちょっとイメージ出来ないんですけど、

マルハンで言えば、例えば、寝屋川店と長田店とかで
違うということですかね?

あとは、店によって朝の店長、夜の店長なんかで
違うということなのかなと思うんですけど、

マルハンでも、全国各地にありますよね?
その中での違いかなと思うんですけど、

基本的に違いはありますね。

これは、客の層によってちょっと変えていくのと、
ある程度、同じ系列の店になると
パチンコの釘調整は似てきますね。

マルハンとか、
123グループでもいいですけど、
中小、いろいろグループがあるんと思うんですよ。

でかくなれば、でかくなるほど、
たぶん、研修かなんかでやってると思いますし
店長たちも、たぶん共有してるんですよね。

セブンイレブンみたいなフランチャイズのイメージですね。
だから、似ちゃうというのはありますね。

もちろん、生きてるマルハンと死んでるマルハンもあるんで、
一概には言えないですけどね。

「同一店舗なのに島ごとで癖が違うといった現象は
起こるのでしょうか?」ということなんですが、

島ごとの癖というのも、
ちょっとよく分からないんですけど、

例えば、A店の銭形とB店の銭形みたいな感じなんですかね?
よく分からないんですけど、

そういう感じもありますよね。

癖は基本的に台ごとにありますね。
寝かせとか、いろんな相互関係の問題なんですけど、
同じように調整しても、どうしても差がついちゃうんですよね。

これは、もう最終的には打つとか、読むとか、
後ろで見るとか、そういう事で判断していきます。

設定の場合は人の癖を掴むというか、
店長の癖を掴むということですよね。

大型店だと、ある程度研修とかでやってると思うんで、
ざっくりとはその大型店の傾向は分かりますし、
あとは、店長の傾向ということですよね。

ただし、癖を読んだとしても、
あまんり意味がないという訳ではないですけど、

結局、癖を読んでピッタリ当れば当るほど、
店は変えてきますから。

なぜかと言うと、
特定の人ばかり打っちゃうからですよね。

だから、あまり癖読みイコール攻略法みたいな感じじゃなくて、
スロットの癖読みはあくまで2割とか、そんなもんですね。

ざっくりとしたイメージで捉えてたほうが
いいのかなと思います。

癖を読む前に、例えば、パチンコなら
釘調整がある程度足りてないと追いつかない
ということはありますからね。

多少、癖が良くても追いついてこないですから。

スロットでもそうですよね。
多少、その癖が分かったとしても、
設定3とか、4ばかりだと追いつかないということにもなってきますし、
あと、変えられるということもありますからね。

次の質問のデータの取り方についてですが、

最初は、でかく見るということですね。

新規開拓以前に、でかく、日本中から取ってくるということですね。
これはデータサイトセブンからですね。

地域によっては、あんまり使えないということも
ありますけどね。

福岡とかだったら、入ってない店が多いですからね。

自分が使っている店が入ってるなら、
データサイトセブンは入ったほうが
いいのかなと思いますね。

データサイトセブンでも、もう一個上の有料バージョンが
全国のやつが見れるんですよね。

機種別で出玉率とかですね。

別にトップが10万枚とか、10万発とか、
そういうのは必要ではなくて、

平均出玉ですよね。
アレを見れたらざっくり分かる訳なんです。

トップが98%で還元率が高いと。
これは何なのかと見たら、獣王と北斗、ハナハナだと

それなら、獣王や北斗、ハナハナから探っていくということはあります。

もちろん、最後は店なんで、
全てが分かる訳ではないんですけど、
まずは、全体から取っていきますね。

そこからメイン機種を探していくということなんで、
Aタイプから取りにいくということは、最近ではほとんどないですね。

その時のメイン機種から取ります。

メイン機種を使ってない店はちょっとキツイなあというか、
もちろん店によって、メイン機種が違う可能性はありますけど、

Aタイプで言うと、アイムジャグラーくらいしかないんですよね。
Aタイプを取りにいくというのは、分かりやすいですし、

Aタイプに入ってたら、もちろんメインにも
入ってる可能性もありますけど、
Aタイプは小さいですよね?

小さいところから、でかいところじゃなくて、
でかいところから、小さいところに行くんですよね。

分かりますかね?

Aタイプに入ってないから
メイン機種に入ってないとは言えないんですよ。

逆にメイン機種に入ってないけど、Aタイプに入ってるということは
考えづらいんですよね。

逆なんですよね。

もちろん、これが全ての店に当てはまらないかもしれないですし、
店の状況とか、店長の思考とかあると思うんですけど、
デカイところから入っていくのが基本ですね。

まずは全国から入っていきます。

地域によっては、例えば、愛知ならハナハナが強い店が多いとか
いうことはありますけど、それでも全国から入っていくんですよ。

で、ここから愛知県なら愛知県の店舗に入っていく訳ですが、
その中でもでかい機種から入っていきますからね。

だから、そのAタイプから取っていくというのも、
今現状、Aタイプの時代じゃないということですよね。

もちろん、アイムジャグラーに入ってるということは
ありますけど、アイムジャグラーに入ってないからといって、
メインのART機種に入ってるかどうかは分からないんですよね。

入ってたら、メインにも入ってる可能性は高いんですけど、
結局、今のメインはARTじゃないですか?

入ってる可能性が高いほう、
でかい市場から見ていくということですね。

イメージからすると、上から見るということですね。

山登る時とか、山を降る時とか、
迷ったら一回上に登るんですよね。

これは遭難しない掟みたいな感じで、
横行ってるのか、下に行ってるのか、上に行ってるのか、
分からないんですよね。

だから、一回ちょっと上に行くと、ある程度分かりやすいですから、
上に行って、下の経路を見ていくということですね。

僕なら、その全国の中の強い機種を中心に見ていきます。
これは無駄が無いんですよね。

逆に、Aタイプの小さいやつからいくと、
無駄があるというか、

これ入ってたら、確かにメインにも入ってる可能性高いんですけど、
Aタイプに入ってなくてもメイン入ってる可能性があるんで、
逆ですね。

で、メインに入ってるなら、Aタイプも入ってるのか見ますし、
メインに入ってないなら、Aタイプはほぼ見ないということですね。

僕なら、Aタイプは見ないというか、
ほぼメインで打たないですからね。

もちろん、その小さい癖の違いがあって、
それが全国の店で通用するかというのは分からないですけど、
情報を早く取得しないと駄目なんですよね。

で、シンプルにしないと駄目じゃないですか?
となると、Aタイプから行くということじゃないんですよね。

しかも、アイムジャグラーに入ってたからといって、
アイムジャグラーは、そんなに美味しくない訳じゃないですか?

今なら獣王、ですかね。

もうちょっと下なら、北斗とか、
吉宗とかありますけどね。

だから、逆ですね。

Aタイプのほうが分かりやすいと言えば、分かりやすいんですけど、
今現状の設置の比率とか、高設定打った時のでかさとか、

そこら辺を考えちゃうとARTから
いっちゃうということです。

データサイトセブンの良い使い方があって、
もちろん、店によってデータを消してるところもあるんですけど、
出玉データの機能もありますからね。

それで、合成確率を1/200くらいにして見るのがいいと思うんです。

もちろん、出ているからといって
設定1の場合もあるんですけど、

やっぱり全体的に出てるということは、
入ってる可能性が高いんで、

例えば、合成1/200以上を設定4以上と仮定して、
それを打ち込むと、何台中何台とか出てくるんですよね。

そんな感じですね。
きっちり見る訳じゃなくて、全体で見ていくと。

あとは、結局自分で打って詰めていくということですよね。
設定4、6を使うお店なのか? 4が多いのか? 5を主に使うのか?
というのは最終的に見ていきます。

これは、あとの詰めですよね。

ここは、お金かかったり時間かかっちゃうんで、
その前にもう絞っていきますね。

時間勿体ないですし、僕の場合、引越しばっかりなんで、
癖とかもよく分からないんですよね。

だから僕の中では、そういう感じですね。

全体から、でかいところから押さえていって、
絞っていくという方法ですね。

最終的には、そういう風に打ったりとか、見たりとか
いうことで強くしていきます。

新規開拓の具体的なデータ取り方を知りたいということですが、
これは、今までも動画で結構お伝えしてますけど、

その前段階が重要というか、

プロって、結構勘違いされてて、
設定6に座ったから云々言われるんですけど、
その前なんですよね。

その前で終わらせちゃうというか、
僕なんかは座った時点で終わるみたいなのが理想ですね。

座った時点で終わりなんですよ。

昔、僕は麻雀プロを目指していたんですよね。
強くなれば強くなるほどいいのかなと思って、
目指していたんですけど、

アレって本当難しくて、
勝てば勝つほど、打つ相手がいなくなるんですよ。

そうすると、その中でまた勝ったやつしかいない訳で、
もう、本当頂点の頂点なんですよね。

結構難しい世界なんですよ。

しかし、稼いでいる人はどうしているのかと言うと、
勝つのは当たり前で、勝てば勝つほど相手がいなくなるんで
結局、調整するというか、麻雀で勝負しないんですよね。

集客で勝負してるんですよね。
人を集めて、人を楽しませるように仕向けると。

だから、ぼったくり過ぎないとか、
その資産状況というのも見てて、
それでゆっくり遊ばせるというのがプロなんですよね。

麻雀で毎年1200万くらい稼いでいる方は
結局そうでしたね。

その話を聞いて、
なんか、やる気を無くしたというか、
確かにそうだなと思いましたし、

勝つか負けるかの勝負じゃなくて、
もう勝つ勝負にしてるんですよね。

だから、そういう風にデータサイトセブンで、
一番でかい機種、主力から見ていって、
そこから細かいところも見ていくということです。

細かいところから見ると全体が見えないんで、
また分からなくなることもあるんですよね。

細かいところ、下からだと
何パターンもあるということなんです。

まず最初は座った時に、もう終わらせるというか、
具体的な方法というのは、あとからなんです。

その具体的な方法にする前に
出来だけ終わらせたいというか、

僕の場合、やっぱり時間も無いですし、
店の状況も分からないということもあるんで、
そこから始めますね。

だから、あんまり外さないんですよね。
がっつり外すということはないんです。

外したからといって、
もう打たなきゃいい話ですからね。

上手くいったやつは続けますし、
上手くいかなかったやつは続けないんで、
シンプルな形になってくるということですね。

安定的にパチスロで稼ぐなら、これがお勧めです。

★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

2つとも、押してもらえると感動します。



にほんブログ村 パチンコブログへ

にほんブログ村

パチンコ・パチスロについて質問・ご意見は、

fyymr234@gmail.com

までお願いします。

僕のメルマガでは、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を
不定期で配信しています。

↓よろしければ、チェックしてみてください。 
(登録は、パソコンと携帯。どちらでも可能です)

メールマガジン 

パチプロ清志の裏メルマガ登録は、こちらです。

注意)メルマガに登録すると、3分以内に自動返信メール
が届きます。メールが届かない場合は、メルマガが登録されてません

只今、携帯とヤフーメールが届きにくいです。(携帯は、7割届きません)
パソコンのメールならGメールがお薦めです。

※携帯でのご登録の前に
メール拒否設定をしている方は、admin@skamo.net
をコピして受信設定をお願いします。

それでは、また更新します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ