清志さんは、洋服等のブランドに、こだわりってありますか?

いつも、応援クリック有難うございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今日は、現役パチプロ清志です。
今回も質問に答えていきます。

【質問】

久し振りです。
清志さんこんにちわ!
よゐこの有吉くんです。

この前のは凄く参考になりました。
神様仏様清志様様ですね
清志様はキンキンに輝いてます。
サングラスを取った姿は個人的に超いけてます。

今日はパチンコ以外な質問です。
質問なんですが、
清志さんはブランドにこだわりとかは有りますか?

例えば
バーバリーでもUNIQLOでも同じように、糸から作られた洋服ですよね?
違いと言ったらブランド名だけだと思います。

過去にフーガクラス、と言ってたので、
やはりクラスやブランドにはこだわりますか?

お願いします。

【回答】

こだわり自体は全く無いかなと思いますね。

僕自身、昔は、好きな洋服とか買ってたんですよね。
ブランドは二の次というか、どこでも良くて、
買ってたんですけど、

結局、僕が好きな洋服というのが
新しいというか、なんか奇抜なやつが多かったんですよね。

ファーが付いたやつとか、
鱗が付いたやつとか、
なんか昇り竜が付いてるやつとか。

ジャージとかでも、
皮のジャージとかあったんですよね。

皮でドラゴンが付いてて、紫色で
「こりゃ、すげーぜ」みたいな感じで着てたんですけど、

結局、ダサいと。
それに、皮だから通気性も悪いんですよね。

もう本当に、盲点でしたね。

そういう感じで買ってたんですけど、
結局、評判があまり良くないんですよね。

「すごいカッコいい」、
「ファーが付いててバブルみたい」と言う人もいれば、

なんか、「もう近寄らないでくれ」というか、
「怪しい」みたいな(-_-;)

奇抜な服の場合は、
結構、値段が高いのもあるんですけど、
一般大衆には、なかなか受け入れられないというか、
何割かには受けると思いますけどね。

鱗が付いてる服とかは、
例えば、クリーニングに出しちゃうと、
鱗が一個取れちゃうんですよね。

もう、そうなったら終わりみたいな
感じになってきますね。

だから、そこで考えたのが、
自分の感覚には合わせないということなんです。

ファッションって結局、自己表現ですよね?
ただ、僕の普通だと、結構ダサくなってくるんですよね。
奇抜な服着ちゃうんで。

ファッション誌とか見ても、
もう仕方が無いというか、面倒くさいんで、
徹底的に考えたんですよね。

そうすると、ユニクロとか、そこら辺がある訳ですよね。

そういう低価格ブランドというのは、
基本的にいっぱい売らないといけないんですよね。

いっぱい売るために考えて、
その時の流行によって、今月はコレ、今年はコレみたいな感じで
どんどん出していると。

これは、やっぱりマーケティングがしっかりしてて、
大体がファッションの真ん中に合わせているんですよね。

だから、ユニクロとかでもいいのかなと思いますけど、
そういうのも含めて、ずっと見てたんですよね。

で、ファッションとは何か?と考えた時に
結局、そのコーディネートなんですよね。

着る人にもよるんですけど、
結局、いろんな重ね着とか、そういう感じにしてる人が、
ファッションセンスが良いって訳じゃないですか?

ただ、僕とか、ファッションセンスが無い訳じゃないですか?
鱗とか着れば、いけちゃうみたいな感じですからね。

だから、どうするかと言うと、

一つ目がファッションセンスのある人に選んでもらうと
いうことですね。

そんな人もなんなか見つからないということであれば、

二つ目が結局、重ね着ということなら、
チェックな訳じゃないですか?
色を重ねてると。

だから、チェックの服というのは、
基本的に、そのプロが選んでるはずなんですよね。

その色合いがいいから
たぶん、チェックにしてると思うんですよ。

だからチェックだけを追うと考えたんですよね。
もうチェックなら大丈夫と。

勝手に重ね着しなくても
1枚でチェックな訳ですからね。

だから、それは別にユニクロでもいいですし、
そういうブランドでも何でもいいと思いますね。

それで、チェックを極めているところは何かと考えた時に、
バーバリーが出てきたんですよね。

「ああ、コレか!」ということで、
バーバリーを選ぶことが多いんですけど、
別に普通のやつでも、何でも買いますけどね。

奇抜にならないということが
重要かなと思います。

僕の場合、すぐ奇抜になってしまうというか、
人と違う服が着たいなあということで、
買っちゃうんですけど、

やっぱり怪しい服になってしまって、
失敗するんですね。

で、バーバリーって一般的に言えば、
チェックでも茶色とか、「これは、もうバーバリー!」みたいな
感じのやつがありますよね?

それは、やめようということで、
他の色を着てますね。

黒と白のチェックもありますし、
全然チェックが入ってないやつもあるんですよ。
裏にチェック入ってたりするんですよね。

でも、大体、お洒落って言われるんですよね。

ということは、どういうことかと言うと、
僕はお洒落じゃない訳じゃないですか?

で、ファッションの雑誌とか見る時間も
無いということですよね。

そこで、チェック理論まではたどり着いたと。

中央に合わすということですよね。

で、チェックからバーバリーにたどり着いたと
いうことですよね。

そして、バーバリーで結果が出たんで、
もう、「これは、バーバリー信じちゃおう」
ということですよね。

分からなかったらバーバリーなんですよね。
分からなかったらチェックと。

なんか「バーバリーじゃないと駄目」という訳ではないですけど、
もう分からないならバーバリーで十分かなと思いますね。

あと、先ほども言ったように、
自分の目で選ばないということが重要で、
もうファッションセンスがある人に選んでもらうというのが、
一番いいかなと思いますね。

そういうセンスがある人はやっぱりそこら辺を
コーディネートしてくれるんで、もうその人に何割かあげて、

そこは、もうコーディネート料ということで、
合わせてもらうということですよね。

もう自分では絶対選ばないということが重要かなと思いますね。

僕も自分で選んじゃうと、
大変な事になっちゃうんで。

ピンク色とか、紫色とか、真っ金々・・・
みたいな感じで怪しくなっちゃうんで。

それは、もう上手くなれば、自分でしてもいいんですけどね。

結局、ファッションの真ん中に合わしたほうが
絶対いいんですよ。

好き嫌いじゃなくて、
もうファッションは真ん中に合わせるというのが
一番のポイントかなと思いますね。

だから、僕はブランド品には全くこだわらないですね。
車とかも全然こだわらないというか、よく知らないんですよね。

子供の時、車好きの人がいて、
ランボルギーニとか、ベンツとか、
ずっと見せられてたんですけど、

もう、それがトラウマで車と映画は
見るのもあまり好きじゃないんですよね。

だから、ブランドとか、そこら辺は
全くこだわらないですね。

良いと思ったら購入するという感じなんで、
フーガも、「あ、カッコいいなあ」と思って、
後ろ見たら、フーガって書いてあったんで、
フーガはカッコいいなあみたいな感じですね。

ソアラとかでも、詳しいとか、絶対乗りたいという訳じゃなくて、
なんかイルカみたいな感じだったんですよね。

「これ、いけそうだぜ」みたいな感じで買ったということですね。

全然、全くこだわりは無いですね。

今現状で、こだわり持ってても仕方が無いかなと思います。
ひとつのブランドが好きとか。

だから、バーバリーでも茶色が見えるやつとか駄目ですね。
例えば、ルイヴィトンも、なんか外から茶色と黒が
見える訳じゃないですか?

あれもあれでお洒落なんですけど、
あのバックとか持ってると夜関係と見られちゃうんですよね。

そうなると、マイナスと言うのもアレですけど、
主張しまくってる訳じゃないですか?

だから、普通のサラリーマンとかなら
そこら辺は避けたほうがいいんじゃないかなと思います。

結局、中央に合わせたほうが一番いいということで、
ちゃんと考えた結果、僕の中では、
バーバリーで大体、大丈夫ですね。

そんなに、しくることがないんで、
もう分からないならバーバリーか、
お洒落な人に選んでもらうということですね。

もうこれだけで十分だと思います。

僕自身、店員さんに選んでもらったこともありますけど、
店員さんは、もう駄目ですね。

アイツらは売り込むことしか考えてないんで、
もう駄目なんですよね。

第三者の人に選んでもらうのがいいかなと。

あなたもセンスがあるなあと思った人に
選んでもらうということですね。

コツとしては、結構、茶色とか緑とか、
赤とか今まで着たことないような服を着る訳じゃないですか。

そうすると、自分の中で「恥ずかしい」とか、
「なんか、似合わないんじゃないかな」と思うんですよね。

これはなぜかと言うと、
自分は自分をずっと見てきてますし、茶色ばかり着てたのに、
それが赤になると、ちょっと違和感を感じるんですよね。

違和感って絶対感じるようになってるんですよね。

1週間とか、2週間とか経ったら普通になってきますし、
それで似合っているかどうかも分かってくるんで、
もう最初から、固定概念で決めないということですね。

センスがある人に任せると。

センスがあると、あなたが決めたら駄目ですよ。
ファッションセンスが無い自分をまず知るということですよね。

センスがあるなら別にいいと思いますけどね。
あるというか、周りからの評価があるならですね。

評価が高いファッションセンスがある人に
もう徹底的に選らんでもらうということですね。

自分の頭では絶対考えないというか、
自分のファッションセンスは信じないということですね。

初めは恥ずかしくても、
着てるうちに大体分かってきますね。

「あっ、これだな」みたいに。

「これはバーバリーか、もう信じとけ」
みたいな感じで。

僕は、別に服にこだわりがある訳じゃなくて、
とりあえず、合わせてるという感じですね。

車は、もう僕の好きな形というのがあって、
フーガみたいにでっかくて、黒くて輝いてるみたいな車が好きなんで、
別にフーガじゃなくてもいいということですね。

だから、そんなにブランド品とかこだわらなくてもいいですし、
ファッションなら自分で選んじゃ駄目ということですね。

あと、変化には絶対違和感を感じるということですね。
因みに髪型もそうなんで、気をつけておいたほうがいいですね。

僕自身、あまり髪型変えないんですけど、
前、美容師がもうバッサリ切ったんですよね。

もう、僕的には嫌で、嫌で仕方が無かったんですよね。
しかし、評価自体は高いんですよね。

僕は自分しか見てないんで、
短い髪は似合わないと思ってるんですけど、
それはやっぱり思い込みで、

結局、評価って人じゃないですか?

周りの評価を、もし大事にするなら、
もう自分の感性は信じないということが
全てかなと思いますね。

もうお洒落な人に任せるとか、
お洒落なブランドに任せるとか、
しっかりチェック理論とか立てて、
見ていくというのが重要かなと思いますね。

自分の頭の中で考えちゃう人が多いんですよね。

ただ、自分を突き通したいとか、別に相手とか関係ないとか、
ファッションでも、髪型でも、車でも
自分が好きなら好きでいいんですよね。

突き通したいということであれば、それでも
別にいいと思いますけど、

まあ、僕的には、たかが服なんですよね。

そんなので、いちいち評価というか、
あんまりイメージ付けられたくないなあということで、

そういう感じで、僕の中でも、チェックとか、そこら辺にたどり着いて、
もうベターに合わせているということですよね。

そこら辺は好きなようにしてもいいんじゃないかなと思います。

髪型も結局、短くなくて、
今現状であまり変わってないというか、
ずっと変わってないんですけどね。

まあ、変化させないというところもあるんですけど、
やっぱり女の人とか上手くて、変化に強いんですよね。

結局、世の中、何でも変化していくんで、
変化させていかないと付いていけないんです。

どんどん新しいものを取り入れてほしいなあと思いますね。

最後まとめると、
自分の頭とか、感性は信じないということですね。

そこで結果が出てるとか、
そこで満足してるならいいんですけどね。

★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

2つとも、押してもらえると感動します。



にほんブログ村 パチンコブログへ

にほんブログ村

パチンコ・パチスロについて質問・ご意見は、

fyymr234@gmail.com

までお願いします。

僕のメルマガでは、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を
不定期で配信しています。

↓よろしければ、チェックしてみてください。 
(登録は、パソコンと携帯。どちらでも可能です)

メールマガジン 

パチプロ清志の裏メルマガ登録は、こちらです。

注意)メルマガに登録すると、3分以内に自動返信メール
が届きます。メールが届かない場合は、メルマガが登録されてません

只今、携帯とヤフーメールが届きにくいです。(携帯は、7割届きません)
パソコンのメールならGメールがお薦めです。

※携帯でのご登録の前に
メール拒否設定をしている方は、admin@skamo.net
をコピして受信設定をお願いします。

それでは、また更新します。

コメントを残す

サブコンテンツ
'

このページの先頭へ